ARメガネで100インチの画面を使えるノートPC「Spacetop」が購入可能に

Maria Diaz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2024年01月19日 10時54分

 「Spacetop」コンピューターには目を見張るものがある。このノートPCには画面がない。その代わりに、拡張現実(AR)メガネが付属しており、これを装着すると、100インチの巨大な曲面ディスプレイが目の前に広がる。

Spacetopを利用している人物
提供:Sightful

 出張の多いビジネスパーソンやゲーマーなど、あらゆるユーザーがこのノートPCを選択するようになる可能性がある。周囲にいる人に画面をのぞかれたくない人や、ノートPCの小さなディスプレイに表示範囲を制限されたくない人、あるいは複合現実(MR)に興味を持つ人が、Spacetop開発時にSightfulが想定していたユーザー層だ。

 ARに焦点を置いたこのコンピューターは、通常のノートPCのキーボード側と、キーボードに接続されたARメガネからなる。普通のPCと同じように動作し、トラックパッドとキーボードを使って操作できるため、新しい操作方法を習得したり、人前で腕を振り回したりする必要はない。ARメガネには、従来のモニターに表示されるものが表示され、通常のノートPCを操作するのと同じようにSpacetopを操作する。

 Spacetopが最初に発表されたのは2023年5月で、アーリーアクセスプログラムを通じて1000台が販売された。プレビューを目的としたそのプログラムが終了し、早期利用者のフィードバックが適用されたSpacetopが今回、2150ドル(約32万円)で購入できるようになった。

 仕様については、SightfulのSpacetopには、「Android」のオープンソースのカスタム版と、Qualcommの「Snapdragon XR2」が搭載されており、バッテリー持続時間は約5時間。128GBのストレージと8GBのRAMを備えている。

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏が空間コンピューティングについて語るときによくほのめかすように、MRが仕事とエンターテインメントの未来の形になるかどうかは、まだ分からない。しかしまもなく発売される「Apple Vision Pro」や、Spacetop、CESに出展された製品群は、その方向性を示しているようだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]