世界PC市場、2023年は2億5180万台で13.8%減--2024年に回復し、パンデミック前の水準へ

 IDCは、世界PC市場に関する調査結果を発表した。2023年第3四半期の出荷台数は6850万台と予想を上回ったものの、前年同期比7.2%減で縮小続きだった。

 市場の現状と不透明なマクロ経済により、IDCは2023年通期の見通しを以前より引き下げ、出荷台数が2億5180万台で前年に比べ13.8%少なくなるとした。2022年は前年比16.6%減で、2年連続2ケタ減になる予想だ。

 ただし、この大幅な市場縮小は、PC買い換えサイクルの到来や、AI対応、消費者需要と重なり、かえって2024年の回復につながると見込む。具体的には、2024年の出荷台数を前年比3.4%増と予測する。

 その後、出荷台数はパンデミック前の水準に戻り、2027年の2億8500万台まで増える。2023年から2027年にかけての年平均成長率(CAGR)を3.1%とした。

 分野別のPC出荷台数とCAGRの予測は以下のとおり。括弧内は前年比。

家庭向け

  • 出荷台数(2023年):1億1390万台(-14.8%)
  • 出荷台数(2027年):1億2550万台(+1.4%)
  • CAGR:+2.4%

教育機関向け

  • 出荷台数(2023年):2960万台(-15.4%)
  • 出荷台数(2027年):3500万台(+0.8%)
  • CAGR:+4.2%

企業向け(教育機関向けを除く)

  • 出荷台数(2023年):1億830万台(-12.2%)
  • 出荷台数(2027年):1億2460万台(+2.6%)
  • CAGR:+3.6%

合計

  • 出荷台数(2023年):2億5180万台(-13.8%)
  • 出荷台数(2027年):2億8500万台(+1.8%)
  • CAGR:+3.1%

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]