Kodiak、米国防総省向けに自動運転ピックアップトラックを開発--「Ford F-150」がベース

 トラック向け自動運転技術を手がけるKodiak Roboticsは、米国防総省(DoD)向け自動運転ピックアップトラックの試作車両を公開した。Ford Motor製「F-150」に自動運転技術「Kodiak Driver」を適用したもの。

DoD向けに開発した自動運転ピックアップトラック(出典:Kodiak)
DoD向けに開発した自動運転ピックアップトラック(出典:Kodiak)

 Kodiak Driverは、大型のトラックなどを対象とした自動運転システム。モジュール化されたシステム構成を採用しており、F-150をDoD向けに自動運転化する作業は6カ月もかからなかったという。

Ford F-150にKodiak Driverを適用(出典:Kodiak)
Ford F-150にKodiak Driverを適用(出典:Kodiak)

 試作したF-150ベースの軍用ピックアップトラックは、GPSの精度が低く、岩や塵埃、泥、水といった厳しい路面状況下で自動運転が可能。陸軍向けの遠隔運転化にも対応できる。

厳しい路面状況下で自動運転が可能(出典:Kodiak)
厳しい路面状況下で自動運転が可能(出典:Kodiak)

 Kodiakは、最大5000万ドル(約72億8400万円)規模の契約をDoDと結んでおり、この試作車は同契約の一環。

米軍向けに自動運転化したF-150(出典:Kodiak/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]