Uber、Waymoの自動運転タクシーの配車を開始--アリゾナ州フェニックスで

 Googleの兄弟会社で自動運転技術を手がけているWaymoは米国時間10月26日、配車アプリ「Uber」からWaymoの完全自動運転タクシーを呼び出せるようになったことを発表した。

 対象地域は、現在同社がサービスを提供している、アリゾナ州フェニックスメトロポリタンエリアの225平方マイル(約582平方km)。Uberアプリから配車をリクエストすると、条件に合うWaymoの車両が近くにいた場合、これに乗車することを確認するオプションが表示される。

 これは、WaymoとUberが5月に発表していた、複数年契約の戦略的提携にもとづく最初の取り組みだ。

 Waymoによると、フェニックスメトロポリタンエリアでは、毎月数万人が同社の自動運転タクシーを利用している。また、毎週1万件を超える配車のうち、1000件以上がフェニックス・スカイ・ハーバー国際空港の往復によるものだという。

Waymoのプレスリリース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]