「iOS 17.2」で「iPhone 13/14」もワイヤレス充電規格「Qi2」に対応へ

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2023年12月07日 09時53分

 年内に登場する可能性が高い「iOS」の次期アップデート「iOS 17.2」では、「iPhone」の一部の旧機種が次世代ワイヤレス充電プロトコル「Qi2」に対応することが分かった。

iPhone 14 Plus
提供:Jason Cipriani/ZDNET

 米国時間12月5日に公開されたiOS 17.2のリリース候補(RC)版のリリースノートでは、現在は「iPhone 15」シリーズのみが対応しているQi2が、「iPhone 13」と「iPhone 14」シリーズの機種にも展開される予定とされている。

 Qi2はワイヤレス充電規格「Qi」をアップデートした規格であり、Wireless Power Consortium(WPC)により策定された。Qiと比べて給電能力、充電スピード、エネルギー効率が向上しており、異物検知機能や安全機能も向上するとうたわれている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]