BMW、EV充電サービス「ChargeForward」を米本土48州へ展開--ピークシフトに対応

 BMWの米国法人BMW of North Americaは、米国の一部州で提供している電気自動車(EV)充電サービス「ChargeForward」を、アラスカ州とハワイ州を除く米国本土48州へ展開すると発表した。

 ChargeForwardの利用が可能なのは、BMW製のバッテリーEV(BEV)かプラグインハイブリッド車(PHEV)で、2018年モデル以降の車。テレマティクスシステム「Connected Drive」に対応しており、システムの指示通り再生可能エネルギーによる発電量が多い時間帯に充電すると、利用者は報奨金が得られる。

2018年モデル以降のEVとPHEVが対象(出典:BMW)
2018年モデル以降のEVとPHEVが対象(出典:BMW)

 BMWは、本田技研工業(ホンダ)の米国法人American Honda MotorおよびFord Motorと共同で設立した新会社、ChargeScapeを通じ、EV充電状況などの情報を電力会社と共有しようとしている。ChargeScapeの提供するサービスは、ChargeForwardに対応する。

 また、BMWは北米でEV充電網を整備するため、自動車メーカー6社と合弁会社を設立する計画。この取り組みでは、直流(DC)Combined Charging System(CCS)とTeslaの充電規格「North American Charging Standard(NACS)」に対応した充電ステーションを展開していく。

 さらに別の計画として、BMWは北米向け自動車をNACSに対応させるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]