YouTube、広告ブロッカーへの対策を本格化--世界中に拡大

Artie Beaty (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2023年11月02日 12時23分

 広告ブロッカーのおかげでYouTubeを広告なしで楽しんでいた人は、まもなく残念な意味で驚かされるかもしれない。

YouTubeのロゴ
提供:NurPhoto/Contributor/Getty Images

 6月の時点で、YouTubeで広告ブロッカーを使っている一部のユーザーが、「YouTubeを許可リストに登録するか、広告ブロッカー自体を無効にしない場合、動画の再生がブロックされることがあります」というメッセージを目にするケースが出始めていた。

 そして今になって、この試験的な試みが本格的に運用されることになったようだ。YouTubeの広報担当者はThe Vergeに対し、外部のプログラムを通じて広告を回避しているユーザーに、広告表示を許可するか、あるいは広告なしで動画が見られる「YouTube Premium」を試すよう促す、「グローバルな取り組み」を開始したことを認めた。

 この担当者は、「広告ブロッカーの使用」はYouTubeの利用規約に違反しているとして、「広告は全世界でクリエイターの多様なエコシステムをサポートしており、数十億人のユーザーがYouTubeでお気に入りのコンテンツにアクセスできるのも広告のおかげだ」と述べたという。

 YouTubeはサポートページに、「AdBlock Plus」や「uBlock Origin」など、人気の広告ブロック拡張機能でYouTubeの広告を許可する方法を記載している。

 筆者が試しにYouTubeにアクセスし、広告ブロッカーを有効にした状態で動画をクリックしてみたところ、先ほど説明したメッセージが実際に表示され、閉じる方法も見当たらなかった。そこで広告ブロッカーを無効にすると、動画がいつも通り再生された。

 では、ユーザーにはどのような選択肢が用意されているのだろうか。実際のところは、YouTube Premiumに加入して「Android」で13.99ドル(日本では1280円)、「iOS」で18.99ドル(日本では1680円)の月額料金を払うか、さもなければ多少の広告が再生されることを受け入れるしかない。1年分の料金をまとめて払えば年額139.99ドル(Androidあるいはウェブからのみ申し込み可、日本では1万2800円)と多少の節約にはなるが、いずれにしても、今はこれがYouTubeで広告を回避する唯一の方法だ。

 今回の措置は、表示される広告を長くして回数を減らすテストをしたり、クリエイターが商品を宣伝しやすくする機能を導入したりするなど、YouTubeがいくつかの変更を加えている中で実施された。

 Vimeoなど、他のYouTube類似サイトも同様の方針を打ち出しているが、YouTubeはこうした措置に踏み切った最大規模の動画サイトとなる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]