アマゾンとヤマダ、「FUNAI Fire TV」最大の65V型--ヤマダの創業50周年記念モデル

 アマゾンジャパンとヤマダホールディングスは10月31日、船井電機が製造する「FUNAI Fire TV搭載スマートテレビ」の最大サイズ、65V型を発表した。型番は、「FL-65UF460」で、価格(税込)は17万5890円。

キャプション

 ヤマダホールディングス創業50周年記念モデルのひとつとして、ECサイト「Amazon.co.jp」上のヤマダデンキおよび、全国のヤマダホールディングスグループ店舗、ヤマダウェブコムにて、11月3日から順次販売し、出荷を開始する。

 FUNAI Fire TV搭載スマートテレビは、アマゾンジャパンが展開するストリーミングメディアプレーヤー「Fire TV」を搭載。地上波・BS・CS・4Kの視聴だけでなく、「Prime Video」「YouTube」「Netflix」「Hulu」「TVer」「ディズニープラス」「ABEMA」「DAZN」などのストリーミング動画の視聴にも対応する。

 今回発表した65V型は、外形寸法(スタンド含む)が、高さ89.7cm×幅145.3cm×奥行き31.8cm。画面まわりのフレームを目立たなくすることで、画面に集中できるスリムなデザインを採用。大画面で迫力のある映像だけでなく、大容量ウーファーとバスレフスピーカーにより、臨場感ある音響が楽しめるという。

 各種映像機器や録画用HDDを接続するための端子(HDMI端子×4ポート、USB端子、光デジタル音声出力端子)のほか、LAN端子やデュアルバンド、デュアルアンテナ、5GHz対応のWi-Fi機能を備える。別途、外付けHDDなどを用意すれば、地上波やBS/CS放送の録画も可能。リモコン上の「Alexa」ボタンを押して話しかければ、コンテンツをタイトル名やジャンル名、俳優名で検索したり、動画の操作やアプリの起動、音楽再生、HDMI入力の切り替えを操作したりできる。

 画像処理エンジンには、クリアピクス2を搭載。HDR10/HLGのHDR映像に対応する。また、さらに大画面でコンテンツを楽しめるように、新たなデザインとウーファーを搭載した「F460」シリーズとして展開する。

キャプション
キャプション

【10月31日23時25分追記】
当初寸法部分を「mm」と記載しておりましたが、こちらは「cm」の誤りです。訂正してお詫びいたします。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]