世界PC市場、第3四半期の出荷は9%減だが、底を打った--2024年以降はAI対応PCが躍進

 Counterpoint Technology Market Researchは、世界PC市場に関する調査結果を発表した。2023年第3四半期の出荷台数は前年同期に比べ9%減。ただし、季節による変動を考慮すると、前四半期比は2期連続の増加となった。

メーカー別の出荷状況(出典:Counterpoint)
メーカー別の出荷状況(出典:Counterpoint)

 消費者と企業の購買意欲が持ち直さないため、市場の低迷が続いている。その一方、Counterpointは底を打ったとみており、メーカーが年内に新製品を出すことなどから、出荷は徐々に回復すると見込む。

 特に、AI処理に適した機能を備えるPCが、2024年の出荷台数を押し上げるとみる。具体的には、AI対応PCの出荷台数が、2020年から10年間に年平均50%以上のペースで増加するという。2026年以降は、全PCの過半数を占めるとした。

躍進するAI対応PC(出典:Counterpoint)
躍進するAI対応PC(出典:Counterpoint)

 2024年は、「Windows 11」への更新やARM製プロセッサ搭載PCの影響なども重なり、出荷台数がCOVID-19パンデミック以前のレベルに戻ると予想する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]