世界スマートウォッチ市場、第2四半期の出荷は11%増--3四半期ぶりの増加

 Counterpoint Technology Market Researchは、世界スマートウォッチ市場に関する調査結果を発表した。2023年第2四半期の出荷台数は、前年同期に比べ11%増えた。増加は3四半期ぶり。

 出荷台数ベースのシェア上位3社は、Appleの22%(前年同期27%)、Huawei Technologies(ファーウェイ)の10%(同7%)、Noiseの10%。Appleが出荷台数を前年同期比10%減としたのに対し、ファーウェイは同58%増と好調で2位へ躍進した。前年同期に9%のシェアを獲得して2位だったSamsung Electronics(サムスン電子)は、同19%減で圏外となった。

出荷台数ベースのメーカー別シェア(出典:Counterpoint)
出荷台数ベースのメーカー別シェア(出典:Counterpoint)

 地域別では、インドの出荷台数が前年同期比70%で、22%だったシェアを34%へ増やしトップに。2位は、出荷台数が9%減でシェア21%(前年同期26%)の北米。3位は、出荷台数が5%増でシェア20%(同21%)の中国。

出荷台数ベースの地域別シェア(出典:Counterpoint)
出荷台数ベースの地域別シェア(出典:Counterpoint)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]