メルセデス・ベンツ、100MW規模の風力発電設備をドイツのテストコースに建設へ

 Mercedes-Benzは、ドイツ北部のパーペンブルクにある自社テストコースに、大規模な風力発電設備を建設すると発表した。

100MW規模の風力発電設備(出典:Mercedes-Benz)
100MW規模の風力発電設備(出典:Mercedes-Benz)

 2020年代半ばまでに、数十基の発電用風車を運用する計画。100MW以上の発電容量を確保し、Mercedes-Benzがドイツ国内で必要とする電力の15%以上を賄うという。

 Mercedes-Benzは、同テストコースに大規模な太陽光発電設備の設置も検討している。なお、2025年までに、太陽光発電システムに対して数億ユーロ(数百億円から1000億円超)規模の投資を実行する計画もある。

パーペンブルクのテストコース(出典:Google)
パーペンブルクのテストコース(出典:Google)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]