「AirPods Pro」(第2世代)、ファームウェアが更新--バグ修正など

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 長谷睦 (ガリレオ)2023年10月12日 10時59分

 Appleは米国時間10月11日、「AirPods Pro」(第2世代)向けのファームウェアアップデート「6A303」を配信開始した。

AirPods
提供:Christina Darby/ZDNET

 LightningモデルとUSB-Cモデルの両方で発生していたバグに対処するものとされている。

 Appleは今回のアップデートに関する具体的な詳細をあまり明らかにしておらず、リリースノートには、バージョン6A303に「バグの修正とその他の改善点」が含まれているとだけ書かれている。

 9月のファームウェアアップデート「6A301」では、「iOS 17」「macOS Sonoma」と組み合わせてこのAirPodsを使っているユーザーは、適応型オーディオ、会話感知、パーソナライズされた音量などの待望の機能が利用可能になった。

 このアップデートの後、いくつかのバグが生じたものとみられる。これは大型ソフトウェアアップデートではよくあることで、最近の顕著な例としては、iOS 17のバグが原因で「iPhone 15 Pro」が異常に熱くなる事例がユーザーから報告されている(Appleは10月4日、この問題に対処するパッチをリリースした)。

 ファームウェアアップデートは、AirPodsが充電中で、Wi-Fi接続された「iPhone」「iPad」「Mac」などのApple製デバイスのBluetoothの通信範囲内にある時に、自動的に無線で実行される。

 AirPodsのファームウェアが最新のものかどうかを改めて確認したければ、最新版の「iOS」や「iPadOS」が搭載されているiPhoneやiPadの場合は、「設定」>「Bluetooth」をタップしてから、AirPodsの名前の横にある「i」アイコンをクリックし、下方向にスクロールすれば、ファームウェアのバージョンが表示されているはずだ。

AirPods Pro(第2世代)

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]