アマゾンの「Project Kuiper」、衛星の初回打ち上げに成功--「Starlink」対抗

David Lumb Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2023年10月10日 10時10分

 Amazonが、軌道上の衛星によってインターネット通信を提供する「Project Kuiper」について、大幅に延期されていた衛星の初回打ち上げを完了した。

Project Kuiper
提供:Amazon

 United Launch Alliance(ULA)がX(旧Twitter)に投稿した打ち上げ映像が示すように、ULAの「Atlas V」ロケットに搭載された試験衛星2基は、米国東部時間10月6日午後2時過ぎにフロリダ州ケープカナベラルから打ち上げられた。順調に行けば、衛星は地上311マイル(約500km)の高度に配備され、テストのために地球低軌道にとどまる。

 この衛星2基は、今後6年間で3200基以上の建造と配備が計画される衛星のプロトタイプだ。

 Project Kuiperは、Elon Musk氏のSpaceXが手がける衛星インターネット「Starlink」に対抗する新たなサービス分野として、Amazonが構築を目指す計画だ。Starlinkはすでに、数千の衛星を軌道上に乗せ、複数の国で100万を超える顧客にインターネット接続を提供している。Amazonの最高経営責任者(CEO)であるAndy Jassey氏は、Kuiper衛星サービスは今後の事業の中核になると述べている。

 Kuiperの初回打ち上げは、2022年10月に設定された当初の計画では、Amazonの創業者Jeff Bezos氏が率いるBlue Originが製造したエンジンを採用するULAの最新ロケット「Vulcan Centaur」を使って行われる予定だったが、実際にはAtlas Vロケットに搭載された。ULAによる次回の打ち上げは、Vulcanロケットを用いた初めての打ち上げになる予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]