KDDI、XR技術でラリーを楽しむ観戦体験--デジタルツインでコースや車両を再現

 KDDIは10月6日、オフィシャルパートナーを務めるFIA世界ラリー選手権(WRC)の日本ラウンド「フォーラムエイト・ラリージャパン2023」(開催期間:2023年11月16日から11月19日まで)において、ラリーチーム「Wellpine Motorsport」の協力のもと、XR技術でラリーを楽しむ2つの取り組みを実施すると発表した。

梅本まどか選手の「ボリュメトリックビデオ」撮影風景
 梅本まどか選手の「ボリュメトリックビデオ」撮影風景

 同取り組みでは、ウェルパインメディアが運営する「Wellpine Motorsport」の参戦車両(トヨタ・GRヤリス)を高精度3Dスキャンするほか、参戦車両が走行する一部のスペシャルステージ(SS)を、現実世界のモノや空間をデジタル上で再現する「デジタルツイン」を活用して再現するという。

 具体的には、同社が提供するセンチメートル単位での測位が可能な高精度GNSS測位技術を車両に搭載。位置情報を収集することで、デジタルツイン上の3Dコースに車の動きを精緻に再現する環境を構築している。

デジタルツインの再現イメージ 
 デジタルツインの再現イメージ
「Wellpine Motorsport」参戦車両(トヨタ・GRヤリス)
 「Wellpine Motorsport」参戦車両(トヨタ・GRヤリス)

 また、写真などから3DCGを生成するフォトグラメトリ技術や、対象物との距離を測定できるLiDAR技術を活用した高精度3Dスキャンで3D車両を再現。「フォーラムエイト・ラリージャパン2023」の期間中、「Wellpine Motorsport」の個人スポンサー向けに、一部のSS走行の様子をスマートグラス「ThinkReality A3」で体験できるコンテンツを提供する。

 さらに、大会終了後には、現地で観戦ができなかった希望者向けにもコンテンツを提供。ラリーの楽しさや迫力、ドライバーのテクニックなどを、スマートフォンやスマートグラスを利用して、どこからでも体感できるようになる。

 加えて、「フォーラムエイト・ラリージャパン2023」の開催期間中、豊田スタジアムのサービスパーク内の「Wellpine Motorsport」スペースにおいて、「飛び出すAR」を活用した取り組みも実施。

 ドライバーをサポートするコ・ドライバーで、元SKE48の梅本まどか選手を、人物の動きを衣装も含めてそのまま3Dデジタル化する技術「ボリュメトリックビデオ」を活用して撮影。

 大会期間中、「Wellpine Motorsport」の個人スポンサー向けに、梅本まどか選手からのスペシャルメッセージ3D動画を提供するほか、ファン向けにも3D動画コンテンツを提供する。

ボリュメトリックビデオ制作の流れ
 ボリュメトリックビデオ制作の流れ

 高精細に3Dスキャンした競技車両を、スマートフォン越しに目の前に登場させ、車両のディテールまで正確に再現した3D車両をラジコンのように操作できるコンテンツも提供する予定としている。

KDDIプレスリリース
Wellpine Motorsport

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]