グーグル、「Gmail」への一括送信者に求める要件を厳格化へ--迷惑メール率の順守など

Jessica Rendall (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年10月04日 09時12分

 Googleは、ユーザーのためにスパム(迷惑)メールを撲滅しようとしており、米国時間10月3日、「一括送信者」、すなわち、「Gmail」のメールアドレスに1日あたり5000通を超えるメッセージを送信するユーザーに対する新たな要件を発表した

Gmailのロゴを表示したスマホ
提供:James Martin/CNET

 2024年2月から、一括送信者はGoogleの基準に基づいて電子メールを認証することが求められるようになると、Gmailのセキュリティと信頼性を担当するグループプロダクトマネージャーのNeil Kumaran氏がブログ記事で説明した。同氏は、これにより、悪用される恐れのある「抜け穴がふさがれる」としている。

 さらに、不要な電子メールの数を減らすことを目的に、一括送信者に対する明確な「迷惑メール率」も設定する予定だ。これは業界初の試みだという。同社は現在、迷惑メール率を0.3%と定めているが、The Vergeが先に報じたように、これは規則ではなく推奨事項にとどまる。

 Googleは、これらの新しい規則をユーザーの受信トレイに適用することに加えて、ワンクリックで簡単に購読を停止できるようにもするとしている。購読を停止すると、2日以内にその宣伝用メールの送信リストから除外されるようになるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]