サステナブルな製品導入意向、Z世代で特に高め--パナソニック調査結果

 パナソニックは9月21日、パナソニックセンター東京にて「サステナブルな家電とくらし」セッションを開催した。トークセッション「カデンでサステナって!?」では、モデルの世良マリカさんがゲストとして登壇。全国の男女1000名を対象に調査した購買行動におけるサステナビリティ意識の結果と、同社の製品における環境への取り組みについて紹介した。

中央左:モデルの世良マリカさん、中央右:ビューティ・パーソナルケア事業部ヘアケア商品企画課の中尾彰氏
中央左:モデルの世良マリカさん、中央右:ビューティ・パーソナルケア事業部ヘアケア商品企画課の中尾彰氏

 パナソニックによると、昨今の消費行動において、環境や社会に配慮することは重要な基準になっているという。特にZ世代においてこの傾向は顕著で、「エシカルやサステナブルなど、環境や社会に配慮した製品やサービスを取り入れてみたいと思いますか」という設問への回答に対して、「とても思う」「まあまあ思う」が全世代では74.2%だったのに対し、Z世代では82.5%だった。

エシカルやサステナブルなど、環境や社会に配慮した製品やサービスを取り入れてみたいと思いますか
エシカルやサステナブルなど、環境や社会に配慮した製品やサービスを取り入れてみたいと思いますか

 また、「あるブランドや企業が環境配慮の素材や部品を使用していると知った場合、そのブランドや企業へのイメージが変わると思いますか」という設問への回答も、「とても向上する」「まあまあ向上する」が全世代では64.6%だったが、Z世代では69.5%だった。

あるブランドや企業が環境配慮の素材や部品を使用していると知った場合、そのブランドや企業へのイメージがかわると思いますか
あるブランドや企業が環境配慮の素材や部品を使用していると知った場合、そのブランドや企業へのイメージがかわると思いますか

 ビューティ・パーソナルケア事業部ヘアケア商品企画課の中尾彰氏は、「商品企画において、環境に配慮することは非常に重要になってきていると感じる。ヘアードライヤーの『ナノケアEH-NA0J』では、植物由来の塗料であるバイオマスペイントを採用したり、包装材のプラスチック使用量を削減した」と語る。また、くらしプロダクトイノベーション本部ビューティー課の別所潮氏は、「メンズシェーバーの『ラムダッシュパームインES-PV6A』では、プラスチック使用量と部品の削減を行った」と商品の工夫を述べた。

ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0J
ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0J
ラムダッシュ パームイン ES-PV6A
ラムダッシュ パームイン ES-PV6A

 Z世代はフードロス削減への意識も高いという。キッチン空間事業部調理ソフト課の萩成美氏は、「自動計量IH炊飯器『SR-AX1』は、業界初の無洗米専用炊飯器。とぎ汁が出ない、農業資源再利用などの観点から、無洗米に着目した。アプリで遠隔操作ができ、炊きたてのお米を食べきれるため、フードロス削減につながる」と語った。

左から、キッチン空間事業部調理ソフト課の萩成美氏、キッチン空間事業部冷蔵庫商品課の森田尚見氏
左から、キッチン空間事業部調理ソフト課の萩成美氏、キッチン空間事業部冷蔵庫商品課の森田尚見氏
自動計量IH炊飯器SR-AX1のアプリ操作画面
自動計量IH炊飯器SR-AX1のアプリ操作画面

 パナソニックセンター東京では「Panasonic GREEN IMPACT PARK」の見学もできる。Panasonic GREEN IMPACT PARKは小学4年生から中学生をコアターゲットとした体験型施設で、CO2の削減や資源の循環について学べる。

Panasonic GREEN IMPACT PARK
Panasonic GREEN IMPACT PARK

 パナソニックは今後も、環境配慮を意識した商品やパッケージの開発を続けていくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]