「iPhone 15」発表--48MPメインカメラ搭載、端子はLightningからUSB-Cに

 アップルは9月13日、カラーインフューズド背面ガラスと、アルミニウムの筐体を採用した「iPhone 15」と「iPhone 15 Plus」を発表した。事前のうわさどおりLightningを廃止し、USB-C端子を搭載している。

  1. Lightningを廃止し、USB-C端子へ
  2. A16 Bionicチップを搭載、「Dynamic Island」にも対応
  3. AirDropで連絡先情報共有も--iOS 17でより便利に
  4. レザーケース廃止、環境に配慮したiPhone 15シリーズ
  5. 発売日と国内価格

Lightningを廃止し、USB-C端子へ

iPhone 15は6.1インチ、iPhone 15 Plusは6.7インチのSuper Retina XDRディスプレイを搭載する
iPhone 15は6.1インチ、iPhone 15 Plusは6.7インチのSuper Retina XDRディスプレイを搭載する

 いずれもピンク、イエロー、グリーン、ブルー、ブラックの5つのカラーがラインアップする。予約注文は9月15日から開始し、販売は9月22日。価格は、iPhone 15が12万4800円(税込)から、iPhone 15 Plusは13万9800円(税込)から。

iPhoneシリーズも今回からLightningからUSB-Cへ
iPhoneシリーズも今回からLightningからUSB-Cへ

A16 Bionicチップを搭載、「Dynamic Island」にも対応

 iPhone 14 Proシリーズで搭載されたA16 Bionicチップを搭載し、また電話の受信時や再生中の楽曲などの通知を、状況に合わせて表示領域が拡縮する「Dynamic Island」にも対応した。カメラは、48MPメインカメラを搭載し、iPhoneのデュアルカメラシステムで初めて、0.5倍、1倍、2倍の3段階の光学ズームに対応した。

通知の表示領域が状況に合わせて拡縮する「Dynamic Island」
通知の表示領域が状況に合わせて拡縮する「Dynamic Island」
主な機能
主な機能

 また、ポートレートモードは、ユーザーがモードを切り替えなくても撮影できるようになった。フレーム内に人、犬、猫がいるとき、またはユーザーがタップしてフォーカスした時に、iPhoneが自動で深度情報を取り込み、ユーザーはあとからiPhone、iPad、またはMacの写真アプリで、写真をポートレートに変えられるという。

48MPメインカメラを搭載し、iPhoneのデュアルカメラシステムで初めて、0.5倍、1倍、2倍の3段階の光学ズームに対応
48MPメインカメラを搭載し、iPhoneのデュアルカメラシステムで初めて、0.5倍、1倍、2倍の3段階の光学ズームに対応

AirDropで連絡先情報共有も--iOS 17でより便利に

 iOS 17を搭載し、電話アプリが大幅にアップデートされ、ユーザーが自分の連絡先の表示方法をカスタマイズできる「連絡先ポスター」や2台のiPhone同士を近づけるだけでAirDropを使ってより簡単に連絡先情報を共有できる「NameDrop」などに対応。

 iPhoneを横向きで充電している時に離れた場所から見えるように設計された「スタンバイ」や日記アプリ「ジャーナル」、自動修正および音声入力の向上、Safariのプライベートブラウズの保護強化、iCloudキーチェーンでのパスワードとパスキーの共有、写真のペット認識など、数多くのアップデートが予定されている。

AirDropを使ってより簡単に連絡先情報を共有できる「NameDrop」
AirDropを使ってより簡単に連絡先情報を共有できる「NameDrop」

レザーケース廃止、環境に配慮したiPhone 15シリーズ

 なお、Appleは、2030年までにすべての製品をカーボンニュートラルにするという目標を掲げており、iPhone 15とiPhone 15 Plusも筐体に75パーセント再生アルミニウムを使用するなど環境に配慮した製品となっている。

 さらにバッテリーに100%再生コバルト、メインロジックボード、Taptic Engineの銅線、MagSafeの電磁誘導充電器の銅ホイルに100%再生銅を使用した。これらはすべてiPhoneとしては初となる。

すべての新しいApple製品において、レザーの使用を廃止することを発表。68%使用済み再生素材で作られた、MagSafe対応ファインウーブンケースとMagSafe対応ファインウーブンウォレット
すべての新しいApple製品において、レザーの使用を廃止することを発表。68%使用済み再生素材で作られた、MagSafe対応ファインウーブンケースとMagSafe対応ファインウーブンウォレット

 また、地球への影響をさらに軽減するために、Appleは、iPhoneのアクセサリを含むすべての新しいApple製品において、レザーの使用を廃止することを発表した。代わりに新しいMagSafe対応ファインウーブンケースとMagSafe対応ファインウーブンウォレットを導入。優雅で耐久性に優れたマイクロツイルでできており、スエードのような柔らかい感触を特長とする。この素材は、68%使用済み再生素材で作られ、レザーに比べて炭素排出を大幅に削減している。

発売日と国内価格

 各モデルの税込の直販価格は次の通りだ。

 iPhone 15は「128GBモデル」が12万4800円、「256GBモデル」が13万9800円、「512GBモデル」は16万9800円。

 iPhone 15 Plusは「256GBモデル」が13万9800円、「512GBモデル」が15万4800円、「512GBモデル」が18万4800円。

 予約注文は9月15日(金)から開始し、発売は9月22日(金)を予定している。

「iPhone 15 Pro」発表--Lightning廃止でUSB-Cに、チタン筐体、Maxは5倍光学望遠
「Apple Watch Series 9」発表--ダブルタップで片手の操作が可能に
アップル、タフモデル「Apple Watch Ultra 2」--「ダブルタップジェスチャー」搭載
「iPhone 13 mini」販売終了--Apple最後のコンパクトハイエンド

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]