レノボ、携帯ゲーム機向けスマートグラス「Legion Glasses」発表--マイクロOLED採用

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2023年09月05日 11時27分

 日常生活でスマートグラスを持ち歩いている人はおらず、真の拡張現実(AR)グラスはまだ実現の途上にある。それでは、ゲーミンググラスに実現の見込みはあるだろうか。Lenovoはあると考えている。

Lenovo Legion Glassesを装着してゲームをプレイする人物
提供:Lenovo

 Lenovoが新たに発表した「Legion Glasses」は、10月に329ドル(約4万8000円)からの価格で発売予定だ。主には同社が新たに発表した「Windows」搭載携帯ゲーム機「Legion Go」向けのアクセサリーだが、USB Type-C(USB-C)経由でディスプレイに出力可能な他のあらゆるデバイス(Windows、「macOS」「Android」)で動作する。

Legion Glasses
提供:Lori Grunin/CNET

 Legion Glassesは、ARグラスではなくウェアラブルディスプレイであり、TCLなどの企業も似た発想の製品を何年も前から手がけている。だが、同製品はマイクロOLEDディスプレイを搭載し、Lenovoにとって初の非ビジネス分野のグラスである、といったいくつかの点で注目に値する。

 なおLenovoはすでに、より高価なARグラス「ThinkReality A3」を提供しており、また将来の仮想現実(VR)/ARデバイス構想に向け、Qualcommと提携している。

 Legion Glassesは、USB-CでLegion Goに直接接続でき、音声付きのディスプレイとして動作する。また、調節可能なノーズピースと、必要に応じて度付きレンズを挿入するためのフレームも備える。

Legion Glasses
提供:Lori Grunin/CNET

 マイクロOLEDは、未来のVR/ARヘッドセットにとって最も有望なディスプレイ技術の1つだ。その高解像度と鮮明な輝度および色彩が、小型なサイズと相まって、未来のスマートグラスにより適した選択肢となっている。

Legion Glasses
提供:Lori Grunin/CNET

 Appleの「Vision Pro」ヘッドセットもマイクロOLED技術を採用しており、今後数年でさらに多くのヘッドセットがこの技術を採用すると見込まれる。Lenovoのグラスは、片目あたり1920×1080ピクセルの解像度と60Hzのリフレッシュレートで、確実にゲームを楽しめるはずだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]