将来の「Apple Watch」は、着ている服に合わせて文字盤の色が変化するかも

Sareena Dayaram (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年08月24日 09時59分

 「Apple Watch」は現在、色とりどりのバンドや変更可能な文字盤などによってカスタマイズできる。しかし、将来のApple Watchは、未来的な要素を持つパーソナライズが可能になるかもしれない。

Apple Watch
提供:Apple

 米国時間8月23日に公開されたAppleの特許は、ユーザーが望むものに合わせて文字盤の色を変えることにより、文字盤のデザインをより柔軟に制御できるようにすることを提案している。理論的には、任意の物体(例えばTシャツ)をApple Watchのディスプレイの前にかざし、「Touch ID」に対応したセンサーを起動させると、ユーザーが選択した色相に合わせて文字盤の色が変わることを示している可能性がある。

 「Electronic Devices With Color Sampling Sensors」(カラーサンプリングセンサー搭載の電子デバイス)という名称のこの特許によると、具体的には、将来のApple Watchはディスプレイの下にカラーサンプリングセンサーを搭載する可能性がある。このセンサーは、さまざまな光を物体に当ててどれだけの反射光が返ってくるかを検出することにより、物体の色を判定できるという。デバイスはこの「一致する光反射率データ」を使用して、その物体に合わせてディスプレイの色を調整する。

特許で示された画像
特許に掲載された画像。この画像から特許の内容がApple Watchに関連するものであることが分かる
提供:Apple

 この特許は2020年8月に米特許商標庁に提出され、2023年8月23日になって公開された。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]