「Galaxy」ブランド最新製品の国内予約を開始--縦折りスマホ「Z Flip5」など、Watch6はFeliCa対応

 サムスン電子ジャパンは8月22日、折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Flip5」「Galaxy Z Fold5」、タブレット「Galaxy Tab S9」シリーズ、スマートウォッチ「Galaxy Watch6」シリーズを発表した。

 それぞれ、NTTドコモや、KDDIと沖縄セルラー電話が展開する「au」ブランド、Galaxyブランドの世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」、「Samsungオンラインショップ」などで販売する。

(左から)サムスン電子ジャパン 営業企画 吉見哲也氏、プロダクト担当 伊藤侑奈氏、CMO 小林謙一氏、プロダクト担当 前島大樹氏、営業企画 本谷将太氏
(左から)サムスン電子ジャパン 営業企画 吉見哲也氏、プロダクト担当 伊藤侑奈氏、CMO 小林謙一氏、プロダクト担当 前島大樹氏、営業企画 本谷将太氏

 サムスンは7月26日、韓国ソウルでイベント「Galaxy Unpacked」を開催し、Z Flip5などの新製品を発表。その後、韓国での折りたたみスマホの予約数は100万台を超えたという。

 サムスン電子ジャパン CMOの林謙一氏は、「初代『Galaxy Fold』の発売から5年。折りたたみスマホのユーザーは数千万人に達しており、数年後の販売量は1億台を突破すると予想されている」と、折りたたみスマホ市場の好調な推移を説明した。

サムスン電子ジャパン CMO 林謙一氏
サムスン電子ジャパン CMO 林謙一氏
「Galaxy Fold」の歴史
「Galaxy Fold」の歴史

縦折りスマホ「Galaxy Z Flip5」

 Galaxy Z Flip5は、約6.7インチ(1080dpi×2640dpi)のメインディスプレイと、約3.4インチのフレックスウィンドウ(カバーディスプレイ)を備えた縦折り型スマートフォン。「ミント」「グラファイト」と、ドコモ向けの「ラベンダー」、au向けの「クリーム」の4色を展開する。

「クリーム」「ミント」。写真はauモデル
「クリーム」「ミント」。写真はauモデル
「グラファイト」「ラベンダー」。写真はドコモモデル
「グラファイト」「ラベンダー」。写真はドコモモデル

 本体サイズは、開いた状態で高さ約165mm×幅72mm×奥行き6.9mm、閉じた状態で高さ約85mm×幅72mm×奥行き15.1mm、重さは約187g。プロセッサーは「Snapdragon 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxy」、RAMは8GBで、ROMは256GBと512GBの2モデルを用意する。バッテリーは3700mAh、防水IPX8対応で、屋外でも安心して利用できるという。

 高い柔軟性を特徴とする超薄型ガラス「UTG」に加え、背面に「Corning Gorilla Glass Victus2」、フレームにアーマーアルミニウムを採用。シリーズ史上最高の耐久性を実現したというモデルだ。

Galaxy Z Flip5を説明する、サムスン電子ジャパン プロダクト担当 伊藤侑奈氏
Galaxy Z Flip5を説明する、サムスン電子ジャパン プロダクト担当 伊藤侑奈氏

横折りスマホ「Galaxy Z Fold5」

 Galaxy Z Fold5は、没入感のある大画面を搭載した横折り型スマートフォン。約7.6インチ(2176dpi×1812dpi)のメインディスプレイと、約6.2インチ(2316dpi×904dpi)のサブディスプレイを搭載し、「アイシーブルー」「ファントム ブラック」の2色を展開する。

「アイシーブルー」「ファントム ブラック」。写真はドコモモデル
「アイシーブルー」「ファントム ブラック」。写真はドコモモデル

 本体サイズは、開いた状態で高さ約155mm×幅130mm×奥行き6.1mm、閉じた状態で高さ約155mm×幅67mm×奥行き13.4mm、重さは約253g。ヒンジの改良によるフルフラットでスリムなデザインにより、約10g軽量化。「Galaxy Fold」シリーズ史上、最軽量を実現したという。

 プロセッサーはZ Flip5同様にSnapdragon 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxyで、RAMは12GB、ROMは256GBと512GB、1TBの3モデルを用意する。バッテリー容量は4400mAh、Corning Gorilla Glass Victus2とアーマーアルミニウムを採用し、IPX8の防水性を備える。

 メインディスプレイは「Sペン」に対応。Sペン付きの「Slim S Pen Case」などを純正アクセサリーとして用意する。

キャプション
キャプション
Sペン付きの「Slim S Pen Case」は3色展開
Sペン付きの「Slim S Pen Case」は3色展開

  Z Flip5とZ Fold5は、ドコモとauが販売する。8月22日から全国のドコモショップ、ドコモ取扱店、ドコモオンラインショップ、全国のau取扱店、au Online ShopおよびGalaxy Harajukuで予約を受け付け、9月1日に発売する。販売価格(以降、価格は全て税込)は、Z Flip5がドコモでは16万820円から、auでは15万4300円から。Z Fold5がドコモでは25万7400円から、auでは24万2660円から。

キャプション
キャプション

Galaxy Tab S9シリーズは3モデル

 タブレットとなるGalaxy Tab S9シリーズは、画面サイズが約11インチの「Galaxy Tab S9」、約12.4インチの「Galaxy Tab S9+」、約14.6インチの「Galaxy Tab S9 Ultra」の3モデルをラインアップする。カラーは「グラファイト」のみとなる。

 SamsungオンラインショップやGalaxy Harajukuのほか、Amazonなどの主要ECサイト、家電量販店などで8月22日から予約を受け付け、9月1日に発売する。Samsungオンラインショップでの販売価格は、Tab S9が12万4799円から、Tab S9+が16万2600円から、Tab S9 Ultraが20万9800円から。

キャプション

 サイズと重さは、Tab S9が高さ約165.8mm×幅254.3mm×奥行き5.9mm、約498g。Tab S9+が高さ約185.4mm×幅285.4mm×奥行き5.7mm、約581g。Tab S9 Ultraが高さ約208.6mm×幅326.4mm×奥行き5.5mm、約732g。

 全モデルともに、プロセッサーに前モデル(Galaxy Tab S8シリーズ)より約34%性能が向上したSnapdragon 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxyを採用。RAMはTab S9が8GB、Tab S9+、Tab S9 Ultraが12GB。ROMはTab S9が128GB、Tab S9+が256GB、Tab S9 Ultraが512GB。

 Tab Sシリーズで最も熱効率に優れた、新しいベイパーチャンバーによる強力な冷却システムを搭載し、コンテンツ視聴やハイスペックを要求するゲームでも、安定したパフォーマンスで長時間使用可能。また、「Dynamic AMOLED」(有機EL)を搭載し、環境に合わせて画面の色味を調整する「ビジョンブースター」により、日光下での視認性を確保したという。

 本体と同梱するSペンはいずれも、「Galaxy Tab S」シリーズ初のIP68防水・防じんに対応する。アーマーアルミニウムを素材に採用し、スリムで軽量ながらも、衝撃に強い強度を備える。また、前モデルより約20%大型化したDolby Atmos対応のAKGクアッドスピーカーを搭載する。

キャプション

 マルチウィンドウ機能では、最大3つのアプリを表示可能で、複数の作業に対応。さらに、接続済みのGalaxy端末間でのドラッグ&ドロップや、タブレットのマウスパッドで接続済みのGalaxyスマートフォンを操作し、メッセージ送付などが可能。

 別売の純正アクセサリー「Book Cover Keyboard」または、「Book Cover Keyboard Slim」の装着により、PCスタイルでの運用にも対応。「DeX Key」により、マルチタスク利用可能画面へと移行でき、自分に好みのレイアウトに切り替えて作業可能だ。

40/44mmの「Galaxy Watch6」、43/47mmの「Galaxy Watch6」--初めて「FeliCa」対応

 スマートウォッチのGalaxy Watch6シリーズは、「Galaxy Watch6」と「Galaxy Watch6 Classic」の2機種を用意し、ともに初めて「FeliCa」に対応する。

 ケースサイズ(カラー)は、Watch6は44mm(グラファイト/シルバー)と、40mm(グラファイト/ゴールド)、Watch6 Classicは47mm(ブラック/シルバー)と43mm(ブラック/シルバー)をラインアップ。

 SamsungオンラインショップやGalaxy Harajuku、Amazonなどの主要ECサイト、家電量販店などで8月22日から予約を受け付け、9月以降に発売する。Samsungオンラインショップでの販売価格は、Watch6の40mmが5万160円から、44mmが5万5200円から。Watch6 Classicの43mmが6万6960円から、47mmが7万2000円から。

キャプション

 そのほか、LTEモデルを同スケジュールでauから販売する。また、11月以降にはドコモでも販売予定だ。

キャプション
キャプション

 Watch6は日常使いに最適な現代的なミニマルデザインを、Watch6 Classicは約15%小さくなった回転ベゼルを搭載し、よりクラシカルなデザインを採用。

 両モデルともに、スクリーンは大きく、ベゼルは薄く、画面の表示領域が「Galaxy Watch」史上最大に進化。画面サイズは約20%拡大、ブラックマージンは約30%減少し、従来と同じサイズ感でさらに没入感があるディスプレイになるという。

 高級時計にも使われる「サファイアクリスタルガラス」を採用し、防水・防じん性能は、IP68と5ATM規格に準拠。使用時間は1回のフル充電で最大40時間で、30分で最大45%までスピーディに充電できる。

 生体インピーダンス法(BIA)センサーの搭載により、体脂肪や骨格筋率など、身体のデータを収集可能。さらに、ランニングフォームの分析による効率化・負傷防止や、安定した心拍での運動のサポートなど、目的に応じてパーソナライズされたHRゾーンも提供できるという。

 このほか、ウォッチ装着時にスマートフォンとの接続が切れると通知する機能や、ウォッチからスマートフォンの位置が探せる「端末リモート追跡」機能、ワークアウトから睡眠モニタリングまで、1日に起こるさまざまな活動を常にチェックしてユーザーの目標に合ったコーチング機能なども搭載する。

 Galaxyスマートフォンとの連携機能も備え、ウォッチのディスプレイで映りを確認しながら撮影できる「カメラコントローラー」などが利用できる。Z Flip5やZ Fold5の「フレックスモード」を起動すると、自動的にGalaxy Watchでカメラコントローラーが連携された状態になり、すばやく撮影できるとしている。

Samsungオンラインショップ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]