Stellantis、カリフォルニア州のリチウム採取プロジェクトに資金提供--145億円超

 Stellantisは、米Controlled Thermal Resources Holdings(CTR)がカリフォルニア州で進めているリチウム採取プロジェクト「Hell's Kitchen」に、1億ドル(約145億円)以上の資金を提供する。得られたリチウムは、電気自動車(EV)用バッテリーの製造に使う。

 CTRのHell's Kitchenは、カリフォルニア州インペリアル郡で得られる“鹹水(かん水)”からリチウムを採取する取り組み。1年間に最大30万トン相当の炭酸リチウムが産出されると見込まれ、この種のリチウム採取プロジェクトとしては世界最大規模だという。リチウムの回収には再利用可能エネルギーと蒸気を利用するため、「グリーンな方法でバッテリー品質のリチウム」を生産できるとしている。

かん水からリチウムを採取(出典:CTR)
かん水からリチウムを採取(出典:CTR)

 この資金提供にともない、CTRはStellantis向け水酸化リチウム―水和物(LHM)の供給量を増やすことに合意した。2022年6月の合意で最大2万5000トンとしていた年間供給量を、10年にわたって年間最大6万5000トンへ増やすという。

 StellantisへのLHM供給は、2027年に始める予定。

Hell's Kitchenの構想図(出典:CTR)
Hell's Kitchenの構想図(出典:CTR)

Hell's Kitchenの紹介ビデオ(出典:CTR/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]