YouTube、再生履歴オフで「おすすめ動画」が非表示に

Gael Fashingbauer Cooper (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 長谷睦 (ガリレオ)2023年08月10日 10時52分

 現在の仕様では、「YouTube」は動画を視聴するユーザーに対し、おすすめ動画を表示する。だが今後は、再生履歴をオフにすれば、おすすめ動画は表示されなくなる。ホーム画面は空白になるはずだ。

YouTubeのロゴ
提供:YouTube

 YouTubeの担当者はブログ投稿で次のように書いている。「本日(米国時間8月8日)から、YouTubeの再生履歴をオフにしており、かつ、それまでに重要な再生履歴がないユーザーは、おすすめ動画を表示するために再生履歴を必要とする機能が無効になる。YouTubeホームフィードも該当する。これにより本日以降、ホームフィードの外観が大きく変わるかもしれない。検索バーと左側のガイドメニューは表示されるが、おすすめ動画のフィードがなくなるので、検索や登録チャンネルの閲覧、『Topic』タブの探索をより簡単に行えるようになる」

 YouTubeによれば、この仕様変更は「今後数カ月の間に徐々に」行われるという。同社は今回の変更により、「YouTubeのどの機能が再生履歴に依拠しておすすめ動画を表示しているかがさらに明確になり、おすすめされる動画を閲覧するよりも検索をしたいユーザー向けにサービスが効率化される」という。

 YouTubeが現在提供しているページでは、ユーザーが視聴したいかもしれない動画のサムネイルやリンクが大量に表示されている。なお、今回の仕様変更が実施されても、再生履歴はいつでもオンにできる。この設定はGoogleの「アクティビティ管理」の設定ページで変更が可能だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]