「Photoshop」に生成拡張機能--切れた画像をAIで拡張

 アドビは7月27日、「Adobe Photoshop(ベータ版)」に、画像をシームレスに拡張する新たな生成AI機能「生成拡張(Generative Expand)」を搭載したと発表した。

キャプション

 5月に発表した「生成塗りつぶし」(旧ジェネレーティブ塗りつぶし)同様、「Adobe Firefly」からの機能搭載となる。

生成拡張 イメージ動画

 生成拡張(Generative Expand)機能では、切り抜きツールでクリック&ドラッグ操作し、アートボードを拡大することで、画像をシームレスに拡大・リサイズできる。例えば、「フレーム内に被写体が一部しか写っていない」「画像を特定のアスペクト比にしたい」「メインの被写体の収まりを良くするために構図を変えたい」といった場合に、同機能を使用してアートボードを広げれば、新しい余白がAIによって生成されたコンテンツで埋められ、思った通りの画像が作成できるという。

 余白にコンテンツを生成する際は、テキストプロンプト入力の有無にかかわらず追加が可能。プロンプトの指定なしでコンテキストタスクバーの「生成」をクリックすれば、オリジナルの画像とシームレスに連続するコンテンツをアートボードの拡張部分に生成する。

 プロンプトを指定してから「生成」をクリックすると、拡張部分にプロンプトの内容を反映したコンテンツが複数バージョンで生成される。生成されたコンテンツを選択すると、新規の生成レイヤーとして追加されるようになる。

「生成拡張(Generative Expand)」使用例(画像提供:Terry White)
「生成拡張(Generative Expand)」使用例(画像提供:Terry White)

 また、アドビは同日、Adobe Photoshop(ベータ版)の生成AI機能が、日本語を含む100以上の言語のテキストプロンプト入力に対応したことも発表した。

 ただし、Adobe Photoshop(ベータ版)の生成AI機能では、Mac版「Adobe Photoshop」の生成AI機能のプロンプトに日本語で入力をする際、変換を確定させる「Enter」キーを押すと、その時点で生成が始まってしまうという問題を確認しているという。同件については、近日中に修正のアップデートを行う予定。

 アドビは2023年秋、ジェネレーティブAIに関するさらなる新しい発表も予定しているという。また、多言語でのテキストプロンプト入力は引き続き開発を進め、今後多くのフィードバックをもとに改良を重ねる。開発スピートを加速させ、さらなる性能強化を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]