サムスン、四半期利益が過去14年で最低水準--続く半導体不振で

Cho Mu-hyun (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2023年07月10日 09時53分

 サムスンの2023年4~6月期の営業利益が、過去14年間で最低となる見通しだ。メモリーチップ市場の低迷が続いていることが影響した。

サムスンのチップ
提供:Samsung

 サムスンは業績の暫定値として、売上高が前年同期比22%減の約60兆ウォン(約6兆6000億円)、営業利益は96%減の約6000億ウォン(約660億円)だったと発表した。

 利益は2四半期連続で大幅に減少した。前四半期の利益も前年同期比で96%減少していた。

 同社は7月27日に正式な決算発表を予定しており、現時点で詳細は不明だ。しかし、アナリストらは利益減少の原因が前四半期同様、半導体部門の不振にあるとみている。一方、同社のスマートフォン事業は好調だったとみられている。

 メモリーチップ業界は現在、供給過多の状態にあり、サムスンやSK Hynix、Micronの業績に影響を与えている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]