神戸市営地下鉄、タッチ決済による乗車を全駅で--2024年春から

 神戸市交通局、三井住友カード、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、ジェーシービー、東芝インフラシステムズ、QUADRACの6者は7月5日、2024年春から神戸市営地下鉄全駅で、タッチ決済による鉄道乗車を開始すると発表した。

 
 

 今後開催される「世界パラ陸上競技選手権大会」や「大阪・関西万博」、「神戸空港の国際化」などによる、国内外からの来街者増加を見据え、環境を整備する。

神戸市営地下鉄の全駅が対象
神戸市営地下鉄の全駅が対象

 三井住友カードが提供する公共交通機関向けソリューション「stera transit」を活用する。タッチ決済対応のクレジットカードやデビットカード、プリペイドカード、またはカードを設定したスマートフォンなどを利用し、タッチ決済で鉄道に乗車にできる。外国人観光客だけでなく、国内観光客や、これまで現金で切符を購入してきた沿線の利用者についても、より快適に乗車できる環境を提供する。

 対応する決済ブランドは、「Visa」「JCB」「American Express」「Diners Club」「Discover」「銀聯」。「Mastercard」も追加する予定だ。

 将来的には、タッチ決済に対応したカードなどを活用して、地下鉄への乗車に加え、沿線地域の施設などが提供する買い物や食事などのサービスとの連携も検討するという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]