SAE、Teslaの充電規格「NACS」を標準化へ--北米で高まるEVの利便性

 自動車向け技術に関する米国の標準化団体SAE Internationalは、Teslaの開発した電気自動車(EV)向け充電規格「North American Charging Standard(NACS)」を標準化すると発表した。

 NACSは、Teslaが開発し、同社の急速充電器「Tesla Supercharger」で採用している技術。NACSへの対応は、すでにFord MotorGeneral Motors(GM)Rivian AutomotiveVolvo Carsも表明済み。こうした動きにより、Teslaの充電方式が北米で実質的な標準になる可能性が高まっていた。

 NACSのコネクターが標準化されると、さまざまなメーカーによるEVと充電器の相互接続が可能になり、北米においてEVの利便性が高まる。

 Electrekの報道によると、NACSを標準化するにあたり、SAEはTesla色を薄める方針だという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]