アップル、「iPhone 14」シリーズなどをDIY修理プログラムの対象に

Maria Diaz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2023年06月21日 08時33分

 Appleは、顧客が自分の製品を修理できるようにする取り組みをさらに一歩前進させた。同社は、「Self Service Repair」(セルフサービス修理)プログラムの対象を、「iPhone 14」シリーズと、より新しい「Mac」モデル(13インチの「M2」搭載「MacBook Air」や、「M2 Pro」「M2 Max」搭載「MacBook Pro」など)に拡大することを発表した

スマホを修理する人物
提供:Apple

 Self Service Repairプログラムは、オンラインストアとして運営されている。2022年に開始されたこのプログラムでは、200種類を超える純正のApple製パーツと工具が提供されており、顧客がAppleの修理マニュアルを参照したり、工具キットをレンタルしたり、パーツ、工具、またはキットを購入したりできる。

 Appleは、「System Configuration」プロセスを更新してより使いやすくすることも発表した。これは、修理後にApple純正パーツが本物であることを確認して必要なファームウェアアップデートを実行し、パーツを調整して最大限のパフォーマンスを確保するために実行するソフトウェアツールである。

 顧客はこれまで、Appleサポートに連絡して、System Configurationプロセスを実行してもらうことでこれらの最終ステップを完了させていたが、Appleによると、今後は製品を「Diagnostics」(診断)モードにして画面上の指示に従えば、ユーザー自身でこの処理を開始できるという。

 同社はさらに、米国のほか、ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、ポーランド、スペイン、スウェーデン、英国でSelf Service Repairプログラムの対象を、「iPhone 12」と「iPhone 13」の「True Depth」カメラおよび上部スピーカーと、「M1」搭載「Mac」デスクトップコンピューターに拡大したことも発表した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]