Dynabook、15.6型ノートPC7機種9モデル--シンプルでわかりやすい2シリーズ展開に

 Dynabookは6月14日、オールインワンノートPCとして展開する「dynabook T」シリーズと、スタンダードノートPCとして展開する「dynabook C」シリーズ、計7機種9モデルを発表した。

 共通の仕様として、15.6型の大画面液晶を搭載しながら、いずれも2kgを切る軽量、薄型ボディを採用。6月16日から順次発売する。

キャプション

  光学ドライブを搭載するTシリーズは、本体サイズが高さ約23.8mm×幅361.0mm×奥行き244.0mm、重量が約1.98kg。Blu-rayドライブを搭載し、店頭予想価格が28万円台半ば(以降、価格は全て税込)の「dynabook T9/W」、24万円台前半の「dynabook T7/W」と、DVDスーパーマルチドライブを搭載し、21万円台半ばの「dynabook T6/W」、16万円前後の「dynabook T5/W」の4機種をラインアップする。

キャプション
キャプション
「dynabook T9/W」
「dynabook T9/W」

 Cシリーズは、本体サイズが高さ約19.9mm×幅361.0mm×奥行き244.0mm、重量が約1.77kg。店頭予想価格が21万円台半ばの「dynabook C7/W」、18万円台半ばの「dynabook C6/W」、14万円台半ばの「dynabook C5/W」の3機種をラインアップする。

キャプション
キャプション
「dynabook C7/W」
「dynabook C7/W」

 計7機種9モデルともに、いずれも15.6型の画面サイズは狭額縁仕様。打ちごこちと快適さにこだわったというキーボードは、18.7mmのキーピッチ、1.5mmのキーストロークに抗菌処理を施している。インテルの第13世代CPUを搭載し、同社が長年にわたり蓄積してきた放熱などに関する独自技術「dynabook エンパワーテクノロジー」で性能を最大限に引き出すという。

 「Wi-Fi 6E」に対応し、従来の5GHz帯、2.4GHz帯に加え、新たに6GHz帯も活用可能。電波干渉や混雑や遅延が少なく、より安定した高速通信ができるという。通信環境に合わせて6GHz帯と5GHz帯、2.4GHz帯を交互に組み合わせるため映像や音声がより途切れにくく、テレワークやオンライン授業、会議時に快適な通信環境を実現できるとしている。

 オンラインコミュニケーション向けの機能としてはそのほか、周囲からのノイズを抑えて自分の声も相手の声も聞き取りやすくする「AIノイズキャンセラー」、マイクのオン/オフをキー操作だけで素早く切り替えられる「ワンタッチマイクミュート」などを用意する。

 また、ウェブカメラソフト「CyberLink YouCam for dynabook」を搭載し、顔の動きに合わせて自然な美顔、美肌に補正する「バーチャルメイク」機能を活用できる。ライブ配信やビデオ通話に文字、画像、ステッカー、絵文字などのエフェクトをリアルタイムに追加することも可能だ。

キャプション
キャプション
「バーチャルメイク」機能

 そのほか、臨場感あふれるサウンドが楽しめる「Dolby Atmos」にも対応する。加えて、永続版の「Microsoft Office Home & Business 2021」をプレインストールしているほか、「OneDrive」100GBのクラウドストレージなどを1年間使用できる「Microsoft 365 Basic」を搭載する。

15.6型は「T」「C」の2シリーズに--シンプルでわかりやすく

 Dynabook 国内PC事業本部 国内マーケティング本部 国内商品開発部 国内B2C開発担当 グループ長 河本能規氏は、「従来、個人向けの15.6型PCは、オールインワンノート、スタンダードノート、ニューベーシックという3つのカテゴリーに対して、『T』『X』『C』『Y』の4シリーズを展開してきた。今後はシンプルにわかりやすく、光学ドライブありの『T』、光学ドライブなしの『C』という2シリーズに集約して展開する」とし、シンプルでわかりやすく届けていくという新たなコンセプトを説明した。

6月14日以降は「T」と「C」に集約する
6月14日以降は「T」と「C」に集約する

 また、Dynabook 国内PC事業本部 国内マーケティング本部 副本部長 荻野孝広氏は、「(Dynabookは)ご年配の方々の認知度はあるかもしれないが、より若い層の方々に知ってほしい。傍らに置いていただいて、一人一人の夢を叶えるお手伝いをしていきたい」と、新商品に込めた思いを語った。

Dynabook 国内PC事業本部 国内マーケティング本部 副本部長 荻野孝広氏
Dynabook 国内PC事業本部 国内マーケティング本部 副本部長 荻野孝広氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]