Meta、新型VRヘッドセット「Quest 3」を発表--7万4800円で秋に発売へ

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2023年06月02日 07時53分

 Metaは米国時間6月1日、新たな仮想現実(VR)/複合現実(MR)ヘッドセット「Meta Quest 3」を発表した。「Quest 2」よりもフォームファクターは薄く、解像度は高く、性能も向上しているという。

Meta Quest 3
提供:Screenshot by Sabrina Ortiz/ZDNET

 Quest 3は次世代の「Snapdragon」チップセットを搭載する。このチップセットは、Quest 2に搭載されていた前世代のものと比べて2倍以上のグラフィック性能を有する。

 Metaによると、フォームファクターはQuest 2よりも40%薄く、より快適で洗練されたデザインとなっている。

 Quest 3の「Touch Plus」コントローラーも、より「人間工学的な」構成になるように再設計された。

 アプリケーションについては、このヘッドセットは、500を超えるVRゲームとアプリからなるQuest 2のカタログに対応し、発売時にはさらなるVRおよびMRのタイトルが用意されるという。

 128GBモデルの価格は499ドル(日本では税込7万4800円)で、それ以外のストレージモデルも提供される。現在Meta Questがサポートされている全ての国と地域で2023年秋に発売予定だ。

 「Meta Quest 3によって、Meta Realityをより多くの人により低価格で提供することが可能になる。これは、最先端のVRとMRの両方の体験を単一のデバイスで提供する当社初の大衆市場向け製品であり、将来のヘッドセットの新たな基準を打ち立てるものだ」と、Metaは発表の中で述べた。

 3000ドル(約42万円)とうわさされているAppleのヘッドセットとは異なり、Meta Quest 3はこの市場の価格帯の下の方に位置することになる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]