ソニー、「PS5」のゲームを遠隔でプレイできる新作デバイスを年内に発売へ

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2023年05月25日 11時52分

 「PlayStation Vita」が姿を消してから久しいが、ソニーはポータブルゲーム機への回帰を図っているようだ――ただしこれには「ある意味で」という注釈がつく。同社は米国時間5月24日に公開した配信番組「PlayStation Showcase 2023」でのサプライズとして、2023年内に発売予定だという新たなデバイス「Project Q」を公開した。見たところ、このデバイスは大きなディスプレイを「DualSense」ワイヤレスコントローラーで挟んだような形をしている。

PlayStationの新しいデバイス
提供:Sony Interactive Entertainment

 このポータブルゲーム機はWi-Fi経由で「PlayStation」のゲームをプレイでき、8インチのHDディスプレイとコントローラーを備えている。Sony Interactive Entertainmentの最高経営責任者(CEO)Jim Ryan氏は、このコントローラーは、「PlayStation 5」(PS5)に標準で付属するDualSenseコントローラーの全機能をカバーすると確約した。

 ストリーミング対応のポータブルゲーム機は、Logitechの「G CLOUD」やRazerの「Razer Edge」のようなAndroid搭載デバイスが登場するなど、今のトレンドとなっているのは間違いない。ソニーの新しいポータブルゲーム機はオフラインでどのような機能が使えるか、そもそもオフラインで使用できるかは不明だが、同社がこのデバイスを、PS5のセカンドディスプレイやモバイルプレイのオプションとして売り込もうとしていることは間違いない。一方、PlayStationとの提携によりPS5のゲームをストリーミングでワイヤレスに楽しめるゲームコントローラー「Backbone One」は、23日にAndroid対応モデルが発表されたばかりだ。

 今回ソニーから発表された、PS5のセカンドディスプレイとなるポータブルゲームデバイスは、価格は不明ながら、期待が持てる見た目だ。ディスプレイがこれほど大きければ、ゲームのビジュアルも大いに楽しめるだろう。また、PS5の標準コントローラーの機能をフルに備えたコントローラーが使えることから、おそらくPS5本体でゲームをプレイしている時と同じように、あらゆる面で快適なレスポンスが味わえるだろう。

PS5と新しいゲーム機
提供:Sony Interactive Entertainment

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]