アマゾン、スマートスピーカー新モデル--4色カラバリ、半球型「Echo Pop」と「Echo Auto」

 アマゾンジャパンは5月18日、「Echo」シリーズの新モデルとなるスマートスピーカー「Echo Pop」と、カーアクセサリー「Echo Auto(第2世代)」を発表した。

 Echo Popは5980円(以降、価格はすべて税込)で、5月18日から予約を受け付ける。5月31日から出荷し、一部の家電量販店でも販売予定だ。Echo Auto(第2世代)は7980円で、5月18日から販売する。

キャプション

半球形状採用、Echoの新シリーズ「Echo Pop」

 Echo Popは、半球形状を特徴とする、新たに設計された「Alexa」搭載のスマートスピーカー。高さ83mm×幅99mm×奥行き91mm、重量は196gで、プロセッサーに「AZ2」を搭載する。利用にはWi-Fi接続が必要で、デュアルバンドの802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)に対応する。

キャプション

 ロスレスHD音源対応の49.5mm(1.95インチ)前面放射型スピーカーを採用しており、ほかのEchoシリーズ同様に、スマートホーム製品やスマートプラグ、スマートリモコンと接続可能。音声で家電を操作できるスマートホームデバイスの標準規格「Matter」にも対応する。

 カラーバリエーションは、「チャコール」「グレーシャーホワイト」「ラベンダー」「ティールグリーン」の4色。お気に入りの音楽やポッドキャスト、オーディオブックの再生、天気予報やニュースの確認、タイマーやリマインダー、買い物の再注文や友人や家族との通話など、さまざまなシーンで利用できる。

キャプション

Bluetoothで接続できるEcho Auto第2世代モデル

 Echo Auto(第2世代)は、自動車に設置、外部入力やBluetoothで接続することで、運転中にハンズフリーでAlexaを利用できるカーアクセサリー。スマートフォンのデータ通信を活用し、Alexaアプリを介して、さまざまな機能にアクセスできる。

キャプション

 サイズは、マイクモジュールが52mm×23.2mm×15.3mm、スピーカーモジュールが57mm×35mm×14mm。重量は61g。第1世代からデザインを一新し、よりコンパクトでスリムなデザインを採用。付属の粘着カーマウントにより、多くの車のダッシュボードに柔軟に設置できるようになった。

キャプション

 Alexaに話しかけて、「Amazon Music」「Apple Musi」「Spotify」「Radiko」などのストリーミングサービス、音楽やラジオ、オーディオブックやポッドキャストの再生、家族や友人への通話が可能。車内の音響特性を考慮して設計された5つのマイクを搭載しており、カーオーディオからの音楽、エアコンの音、ロードノイズなどに影響される車内でも、発話による指示が可能だ。

 また、運転中にAlexaに話しかけ、自宅などにあるAlexa対応のスマートホーム製品を操作できる。これにより、玄関の鍵の閉め忘れやエアコンの消し忘れが心配になった時でも、車から安心して対応できるという。帰宅途中に車内からエアコンを操作し、帰宅時に部屋を快適な温度にしておく、といったことが可能だ。

 なお、付属の車載電源アダプターは、スマートフォンの充電ができる「Quick Charge 3.0」対応の充電ポートを採用。長時間のドライブでも、スマートフォンのバッテリーを気にすることなく利用できるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]