25万円超えのグーグル製折りたたみスマホ「Pixel Fold」--サムスン製との違いは?

Lisa Eadicicco (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年05月16日 07時30分

 この4年間、スマートフォンの未来を切り拓いてきたサムスンの前に挑戦者が現れた――Googleだ。米国時間5月10日、Googleは年次開発者会議「Google I/O」の基調講演で、同社初の折りたたみスマートフォン「Pixel Fold」を発表した。発売は7月を予定しており、価格は驚きの1799ドル(日本では25万3000円)だ。

Pixel Fold
提供:John Kim/CNET

 Google I/Oでは、他にも同社のハイエンドスマートフォンの廉価版「Pixel 7a」、同ブランド初のタブレット「Pixel Tablet」、「Android 14」の新機能なども発表された。

 Googleが折りたたみスマホを出すことを、同社の製品ラインアップが新しい風を必要としている証拠だと見ることもできるかもしれない。サムスンが同社初の折りたたみスマートフォンを発表したのは4年ほど前だが、その後、ほぼすべての大手スマートフォンメーカーが後に続いた。

 Googleは、この波に乗らなかった数少ない大手メーカーのひとつだ。しかし状況は変わりつつある。同社の製品管理担当バイスプレジデントBrian Rakowski氏は、今が折りたたみスマホを出す最適のタイミングだったと言う。初期の折りたたみスマホが抱えていた大きな問題、例えばソフトウェアの最適化やデザインの適正化といった問題がおおむね解決されたからだ。

 「折りたたみスマートフォンは、どうしても価格が高くなる」と、Rakowski氏は言う。「これだけの価格のデバイスを提供するなら、すべてがうまく動作するようにしたかった」

 筆者はまだPixel Foldを使い始めたばかりだが、すでに手応えを感じている。Googleが折りたたみスマートフォンで描いたビジョンはマルチタスクの実現と生産性の向上だ。つまり、サムスンの折りたたみスマホ「Galaxy Z Fold4」とほとんど変わらない。Z Fold4と同様に、Pixel Foldもブック型を採用しており、ディスプレイを閉じれば携帯電話、開けばタブレットに変身する。しかし、閉じたときの厚みをどう減らすか、折り目をどうなくすかなど、折りたたみスマホにつきものの物理的な課題の多くはGoogleの前にも立ちはだかった。しかしデザインやソフトウェアの面では、Pixel Foldに軍配が上がる点もある。

 問題は、まだ初期の段階にある折りたたみスマホ市場を盛り上げるだけの魅力がPixel Foldにあるかどうかだ。市場調査会社International Data Corporationによると、2022年の世界のスマートフォン市場に占める折りたたみスマホの割合は1.2%にすぎなかった。このように、まだ比較的若い市場であるにもかかわらず、Googleにはすでに韓国の巨大ハイテク企業サムスンという手強いライバルがいる。

 市場調査会社Counterpoint Researchによると、2022年上半期の折りたたみスマホ市場において、サムスンのシェアは62%に上った。しかも、サムスンは折りたたみスマホのブランドとして最も人気が高く、Googleが厳しい競争を強いられることは間違いない。

外部ディスプレイはPixel Foldの方が自然

Pixel Foldのカバーディスプレイ
Pixel Foldの外部ディスプレイ
提供:John Kim/CNET

 Pixel Foldは、筆者がGalaxy Z Fold4に抱いていた最大の不満点のひとつを解消してくれた。Z Fold4は、畳んだ状態ではかなり厚みがある上に、普通のスマートフォンと比べると外側のディスプレイの幅がかなり狭いため、通常のスマートフォンとして使おうとすると不便に感じることがある。

 Googleは、この点で2つの改善を行った。まず、5.8インチの外部ディスプレイは、Z Foldと比べるとかなり幅広なため、アプリを使ったり、電話で話したりする際も違和感が少ない。発売前のリーク情報通り、Pixel FoldはZ Fold4というより、むしろOPPOの折りたたみスマホ「Find N2」に近い。

 Pixel Foldは、開いた状態ではZ Fold4よりも薄いが、閉じた状態では一般的なスマートフォンよりも厚みを感じる。しかしヒンジ部分に隙間ができず、ぴったり閉じることができるため、折り畳んだ時の印象はZ Fold4よりもスマートだ。

 端末を開くと7.6インチの大画面が現れるが、画面の輪郭を縁取るベゼルの幅はGalaxy Z Fold4よりも太い。中央の折りじわも目立つ。もっとも、この点はZ Fold4もたいして変わらない。

Pixel Foldのヒンジ部分
Pixel Foldのヒンジ部分
提供:John Kim/CNET

 ハードウェアに関しては、Pixel Foldは最上位のスマートフォンに期待されるものを一通り備えている。プロセッサーは、Pixelシリーズの他の現行モデルと同じ、Google製の「Tensor G2」だ。さらにトリプルレンズのカメラシステムを採用しており、4800万画素のメインカメラに加えて、光学5倍、デジタル20倍ズームが可能な1080万画素の望遠カメラ、1080万画素の超広角カメラを備える。

 価格を考えると、なぜPixel 7 Pro並みの高性能カメラを搭載していないのか不思議に思う人もいるかもしれない。Pixel 7 Proは、より解像度の高い5000万画素のメインカメラ、1200万画素の超広角カメラ、光学5倍、デジタル30倍ズームが可能な4800万画素の望遠カメラを搭載している。

 Rakowski氏によると、Pixel Foldは端末を開いた時の厚みが6ミリにも満たないため、カメラの面では妥協せざるをえない部分あったという。

 「Pixel Foldの厚みはPixel 7 Proの3分の2しかない」と、Rakowski氏は語る。「そのため、複数のカメラを組み込むことが技術的にはかなりの挑戦だった」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]