もはや廉価版ではない「Pixel 7a」レビュー--前モデル以上の高コスパ、ドコモも販売

 5月11日、グーグルから最新スマートフォン「Google Pixel 7a」が発表された。同日に発売を開始した「Googleストア」のほか、au、ソフトバンクに加えて、NTTドコモからも発売される。Googleストアでの販売価格は6万2700円(以降、価格はすべて税込)となっている。

「Pixel 7a」はアイコンなどのカスタムもできるAndroid 13を搭載
「Pixel 7a」はアイコンなどのカスタムもできるAndroid 13を搭載
背面には64メガピクセルと13メガピクセルのカメラを搭載する
背面には64メガピクセルと13メガピクセルのカメラを搭載する

 近年グーグルは「Google Pixel」シリーズを、年2回リリースしている。秋にハイエンドモデルが登場し、5月開催の開発者向けのイベント「Google I/O」にあわせて、製品名の最後に「a」が付いた廉価版の「A-Series」が投入されるのが、ここ数年のパターンだ。

 Pixel 7aも、2022年秋から発売中の「Pixel 7」「Pixel 7 Pro」の廉価版という位置づけだが、果たしてこれを廉価版と呼んでいいものだろうか。前モデル「Pixel 6a」(5万3900円)に比べて、価格が高くなっていることを言っているのではない。廉価版と呼ぶには、上位モデルにあたるPixel 7(8万2500円~)から見劣りする部分が少ないからだ。

 たとえばプロセッサーには、Pixel 7/7 Proと同じ「Tensor G2」が採用されている。RAMは8GBで、6.1インチFHD+(1080×2400)のOLEDディスプレイは、Pixel 7と同じ最大90Hzのリフレッシュレートをサポートしている。背面のメイン広角カメラは64メガピクセルで、超広角カメラとフロントカメラは13メガピクセル。センサーサイズは異なるものの画素数だけでいえば、Pixel 7/7 Proの50メガピクセルのメインカメラ、10.8メガピクセルのフロントカメラを上回っている。

 外観も前モデルのPixel 6aに比べると、フレームやカメラ部分に金属パーツが使用されるなど、高級感が感じられるデザインになっている。Google Pixel Phones プロダクトマネジメント シニアディレクターのピーター プルナスキー氏によれば、新たに設計されたミッドフレーム構造のおかげで、これまでのA-Seriesでは最も耐久性が高いとのこと。万が一落としても、ディスプレイにダメージを受けにくいという。なお、カバーガラスはPixel 6aから変わらず、「Corning Gorilla Glass 3」が採用されている。

「Google Pixel 6a」ではディスプレイのガラスの角が丸く、フレームよりもやや盛り上がっていたが、「Google Pixel 7a」はよりフラットになっている。こうした構造の見直しで、耐久性を高めているようだ
「Google Pixel 6a」ではディスプレイのガラスの角が丸く、フレームよりもやや盛り上がっていたが、「Google Pixel 7a」はよりフラットになっている。こうした構造の見直しで、耐久性を高めているようだ
右サイドに電源と音量キー、左サイドにSIMカードスロット、底面にUSB Type-C端子とステレオスピーカーを搭載する
右サイドに電源と音量キー、左サイドにSIMカードスロット、底面にUSB Type-C端子とステレオスピーカーを搭載する

 生体認証は指紋認証に加えて、Pixel 6aにはなかった顔認証にも対応する。画面内指紋センサーの認証スピードは速く、ストレスはないが、顔認証が併用できればより素早くスマホを使い始められる。セキュリティではほかに、「Google One VPN」も利用可能。Pixel 7/7 Proと同様に、サブスクリプション契約がなくても利用できる。

 このほか、防水・防塵はIP67に準拠。バッテリーは4385mAhで、急速充電のほかA-Seriesでは初めて、ワイヤレス充電もサポートする。

画面内指紋認証と顔認証の両方でロック解除できる
画面内指紋認証と顔認証の両方でロック解除できる
「Google One VPN」が利用可能だ
「Google One VPN」が利用可能だ
Qi 認証済みのワイヤレス充電をサポート。バッテリー駆動時間は24時間以上となっているが、体感では2日は持つ。スーパーバッテリーセーバーモードでは最大72時間の使用が可能とされている
Qi 認証済みのワイヤレス充電をサポート。バッテリー駆動時間は24時間以上となっているが、体感では2日は持つ。スーパーバッテリーセーバーモードでは最大72時間の使用が可能とされている

「Google Pixel」シリーズ最大の魅力、AI機能は概ねサポート

 では、上位モデルとの差異はどこにあるのか。まず、わかりやすい違いは、6.1インチというコンパクトなディスプレイサイズだ。大画面を求める人にはデメリットかもしれないが、コンパクトなスマートフォンを求める人には、むしろメリットと受け止められるだろう。実際に高さ152mm×幅72.9mm×奥行き9mm、重さ193.5gと、Pixel 6aよりもほんの少し幅広になってはいるものの、ぎりぎり片手操作ができるサイズ感で持ちやすい。

大画面を求めていない人には片手操作ができるちょうどいいサイズ感
大画面を求めていない人には片手操作ができるちょうどいいサイズ感

 背面には、デジタル8倍ズームが可能な64メガピクセル(画角80度、F値1.89)の広角カメラと、13メガピクセル(画角120度、F値2.2)の超広角カメラを搭載。フロントにも13メガピクセル(画角95度、F値2.2)のカメラを搭載する。前述のように画素数は高くなっているが、Pixel 7が1/1.31インチなのに対して、Pixel 7aは1/1.73インチと、センサーサイズが異なる。また上位モデルにあるマクロフォーカスもサポートされていない。

4つのピクセルを使って光を取り込むQuad PD Quad Bayerカメラを搭載
4つのピクセルを使って光を取り込むQuad PD Quad Bayerカメラを搭載

 一方で、Tensor G2のポテンシャルを発揮する、AIを用いたカメラ機能は概ね利用できる。夜景モードや前モデルにはなかった長時間露光、ポートレートのほか、動画はいずれのカメラでも4K(30 FPS/60 FPS)撮影が可能。夜景モードの撮影スピードも、前モデルと比べると明らかに速くなっていてサクサク撮れる。

 また、画面から不要なものを削除したり、目立たなくしたりできる「消しゴムマジック」や、ピンボケ写真を復活させる「ボケ補正」など、AIを用いた編集機能も上位モデル同様に充実している。

花作例:マクロ撮影には非対応のため10cm程度離れて撮影する必要はあるが、花などもきれいに撮れる
花作例:マクロ撮影には非対応のため10cm程度離れて撮影する必要はあるが、花などもきれいに撮れる
料理作例
料理作例
「長時間露光」では尾を引くテールランプのように、動きのある写真撮影が楽しめる
「長時間露光」では尾を引くテールランプのように、動きのある写真撮影が楽しめる
「夜景モード」はモード選択するほか、設定しておけば光量を検知して自動的にモードが切り替わる
「夜景モード」はモード選択するほか、設定しておけば光量を検知して自動的にモードが切り替わる
かなり暗いシーンでも、AI処理で明るく持ち上げてくれる。白飛び、黒つぶれもない
かなり暗いシーンでも、AI処理で明るく持ち上げてくれる。白飛び、黒つぶれもない
「消しゴムマジック」では、手動または自動で写真から不要なものを指定して削除できる
「消しゴムマジック」では、手動または自動で写真から不要なものを指定して削除できる
消しゴムマジック前
消しゴムマジック前
消しゴムマジック後
消しゴムマジック後
手ブレなどでピントが甘くなってしまった写真も「ボケ補正」でくっきりした写真にできる
手ブレなどでピントが甘くなってしまった写真も「ボケ補正」でくっきりした写真にできる
ボケ補正前
ボケ補正前
ボケ補正後
ボケ補正後
-5、1x.2とワンタップで画角を切り替えられる。
-5、1x.2とワンタップで画角を切り替えられる。
標準
標準
2倍:ピンチ操作で拡大できる
2倍:ピンチ操作で拡大できる
8倍:最大8倍まで寄れる
8倍:最大8倍まで寄れる
ポートレートモードでは背景を自然にぼかして撮影できる
ポートレートモードでは背景を自然にぼかして撮影できる
ボケ具合を後から調整することも可能
ボケ具合を後から調整することも可能

 Tensor G2を活用したAI機能は、カメラだけに止まらない。通話中のノイズを低減して音声を聞き取りやすくする機能や、音声認識によるテキスト入力、自動文字起こしや自動翻訳など、Pixelシリーズならではの、便利機能が上位モデルと同様に利用できる。

 たとえばLINEやメッセンジャーなどでも利用できる音声入力や自動翻訳機能は、一度使い始めると手放せなくなるくらい、コミュニケーションを簡単かつ円滑にする。

音声でメッセージを入力、送信できる。英語のメッセージも翻訳アプリにコピペする手間なく、自動翻訳が可能だ
音声でメッセージを入力、送信できる。英語のメッセージも翻訳アプリにコピペする手間なく、自動翻訳が可能だ

 また、自動文字起こしが可能なレコーダーには最近、英語のみのサポートながら、話者を聞き分けられる機能も追加されている。今後日本語でも対応すれば、会議の議事録作成などにより便利に使えるだろう。Google I/Oではほかにも、AIを用いたさまざまな機能が発表されていて、今後のアップデートが楽しみだ。

文字起こしが可能なレコーダーは該当個所を聞き直すのにも便利。英語のみだが話者を切り分けられるようになった
文字起こしが可能なレコーダーは該当個所を聞き直すのにも便利。英語のみだが話者を切り分けられるようになった

 前モデルのPixel 6aも高コスパモデルとして注目を集めたが、Pixel 7aはさらに上位モデルとの差が縮まっている。価格は前モデルより9000円ほど高い設定だが、コスパの高さは前モデル以上という印象だ。加えて国内では、「Pixel 3a」以来4年ぶりに、ドコモが発売することも大きな話題となりそう。当然ながらドコモの5Gバンド「n79」にも対応している。

nanoSIMカードとeSIMに対応。5Gはn1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 20 / 25 / 28 / 38 / 40 / 41 / 66 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79をサポート
nanoSIMカードとeSIMに対応。5Gはn1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 20 / 25 / 28 / 38 / 40 / 41 / 66 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79をサポート

 カラーは「Charcoal」「Sea」「Snow」「Coral」の4色で、同色の「Pixel Buds A-Series」と色合わせが可能。グーグルは、Pixel 7aのカラーラインアップにあわせて、Pixel Buds A-Seriesにも新色を追加している。

 また、Googleストアでは、Coralカラーを「赤のエンタメパック」として、「YouTube Premium が 12カ月分無料」になる数量限定の特典付き販売や、オリジナルケース、Googleストアクレジット特典、対象スマホの下取りをセットにした発売記念パッケージの期間限定(5月22日まで)販売も展開している。高コスパなPixel 7aをさらにお得に買うには、キャリアかGoogleストアか、悩むことになりそうだ。

Googleストアのキャンペーンで提供されるオリジナルケース
Googleストアのキャンペーンで提供されるオリジナルケース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]