ウェンディーズ、AI「FreshAI」がドライブスルーで接客--グーグルの生成系AIとLLMを利用

 ファストフードチェーンのWendy's(ウェンディーズ)は、ドライブスルーでの注文受付を自動化するためのAIシステム「FreshAI」を、Googleの生成系AIと大規模言語モデル(LLM)をベースに開発した。直営店で試験運用を開始する計画。

 Wendy'sによると、ドライブスルーで注文する顧客の割合は全体の75~80%あるそうだ。注文内容はメニューの膨大な組み合わせで複雑なうえ、周囲の騒音に音声が紛れてしまうため、AIによる受付の自動化は難しかったという。

 この問題に対処するため、Wendy'sはGoogleのAIとLLMを採用。メニューのデータや接客マニュアルを与え、店舗のハードウェアおよびPOSシステムと連携させることで、FreshAIを開発した。

 Wendy'sはFreshAIを、6月からオハイオ州コロンバス地区の直営店舗で試験的に使用する。この試験運用での結果を参考にして、他店舗のドライブスルーへも導入していく。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]