GM、Eclipse Foundationに参加--自動車向けソフト技術「uProtocol」の標準化を目指す

 General Motors(General Motors)は、オープンソースの非営利団体であるEclipse Foundationに参加すると発表した。車載ソフトウェア用の基盤技術「uProtocol」を提供し、標準化を目指す。

 uProtocolを利用すると、車載デバイスのほか、自動車に関係するクラウドサービスやモバイルデバイスなどさまざまな環境で動くソフトウェアの開発が、容易になるという。GM製自動車に限らず、他社の自動車にも対応し、各種アプリケーションとサービスを連携できる。

 GMは、Eclipse Foundationのソフトウェア定義自動車(SDV)ワーキンググループ(WG)に加わる。同WGの目的は、オープンソースやオープンな仕様からなる自動車向けソフトウェアスタックの推進。uProtocolの標準化を、WG活動を通じて目指すことになる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]