アップル、初の「緊急セキュリティ対応」をリリース--「iPhone」「iPad」「Mac」向け

Jason Cipriani (ZDNET.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2023年05月02日 10時21分

 Appleが米国時間5月1日、「緊急セキュリティ対応」機能を初めて使用し、「iPhone」「iPad」「Mac」向けにセキュリティ修正のアップデートをリリースした。

iPhone
提供:Jason Cipriani/ZDNet

 今回のアップデートは、「iOS/iPadOS 16.4.1(a)」および「MacOS 13.3.1(a)」)で、各デバイスの標準的なアップデートプロセスを通じてダウンロードおよびインストールできる。

iOS 16.4.1(a)
提供:Screenshot by Jason Cipriani/ZDNET

 緊急セキュリティ対応は、Appleが2022年に「iOS 16」で公開した新しいツールだ。「iOS」「iPadOS」「macOS」全体のアップデートリリースを必要としない小規模なアップデートを通じて、デバイスのセキュリティを強化したり、問題を修正したりできる。

 同社は、アップデートのリリースノートにリンクさせた通知で、緊急セキュリティ対応について説明しているが、実際にどのような問題に対処するのかは記されていない。

 サイズが小さいため、アップデートはわずか数分で完了する。「iPhone 13 Pro」の場合、アップデートのサイズは85.7MBとなっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]