PayPay、他社発行クレジットカードによる決済を8月に停止--まとめて支払いのチャージ手数料導入も

 PayPayは5月1日、PayPayカード以外が発行したクレジットカードによる決済を終了すると発表した。

 PayPayでは現在、銀行口座やPayPayカード発行のクレジットカードからのチャージ残高、「PayPayあと払い」、クレジットカードの、3種類の決済方法を提供している。同社では今回、8月1日以降、PayPayカード以外の会社が発行したクレジットカードでの決済を停止。事実上、同社関連会社および銀行口座以外の決済手段を締め出す。

5月1日現在のPayPay決済手段
5月1日現在のPayPay決済手段

 他社発行のクレジットカード以外での決済終了を前に、7月初旬にはクレジットカードの新規登録を停止。PayPayカード以外のクレジットカードは、8月1日に登録を解除するとしている。なお同社では、「PayPayカード」「PayPayゴールドカード」の利用者は、PayPayあと払いに登録することで、同様の決済方法が引き続き可能だとしている。

 同社はあわせて、「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」によるPayPay残高チャージへの手数料改定も発表した。

 まとめて支払いによるチャージは、これまでは手数料を無料で提供していた。8月1日以降は、毎月初回のみ手数料無料とし、2回目以降は2.5%の手数料を設定する。PayPayあと払いや銀行口座経由のチャージでは、引き続き手数料は無料とする。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]