GMとサムスンSDI、30億ドル投じ米国にEVバッテリー工場を新設--操業開始は2026年

 General Motors(GM)とSamsung SDIは、米国に電気自動車(EV)用バッテリーの製造工場を新設すると発表した(GMSamsung SDI)。投資額は30億ドル(約4007億円)超。

 新工場の建設予定地は明らかにしていないが、2026年に操業開始する計画。年間生産容量は最大30GWhという。

 GMは、LG Energy Solutionとの提携を通じ、オハイオ州ローズタウンとテネシー州スプリングヒルにもEVバッテリー工場を設けている。The Vergeの報道によると、ミシガン州ランシングでもLGと工場を建設しており、これら3工場の年間生産容量は合計で140GWhになるという。

 Samsung SDIとの新工場を加え、GMは米国内で年間およそ160GWh相当のバッテリーを生産できる体制を整える。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]