アドビ、画像生成AI「Firefly」の機能をプレビュー動画で披露

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年04月18日 11時04分

 Adobeは開催中の「NAB Show 2023」で米国時間4月17日、生成型の人工知能(AI)テクノロジーを活用した「Adobe Firefly」を同社の動画ツールに統合するというコンセプト動画を公開した。これには、テキストプロンプトから視覚効果や音響効果、アニメーション、ストーリーボード、字幕などを生成するといった機能が含まれている。同社は2023年中に新たな生成型AI機能の提供を開始するという。筆者はこれが、例年10月半ばに開催されるクリエイター向けの年次カンファレンス「Adobe Max」の頃になると予想している。

Adobe Fireflyの機能を示す画面キャプチャー
提供:Adobe

 Adobeは13日に、「Adobe Premiere Pro」の最もクールな拡張機能の1つを発表している。ここで「クール」と筆者が表現したのは、「今までに見たことのない機能だ」という意味ではなく、「これによって休暇が取れるほど制作時間を短縮できる」という意味でだ。要するにこれは、AIと機械学習(ML)によって支援されたテキストベースの動画編集機能だ。これに対して、Fireflyが実現する能力は、処理の実行というよりもビジョンの開拓に向いており、動画の生成やプロダクション、ポストプロダクションにおけるすべての段階を通じ、実現可能な見た目やコンセプトなどをより迅速に提示してくれる。

 Adobeによると、Fireflyによって以下のようなことが可能になるという。

  • テキストプロンプトを用いてカラースキームや天候、時間帯などをさまざまに変更できる。
  • 設定したいムードの指示や、シーンのコンテンツに応じて音響効果や音楽を生成できる。
  • テキストによる指示から、活字やグラフィックスのスタイルやアニメーションを生成できる。
  • インポートしたスクリプトをプロンプトにして、プリビジュアライゼーション(動画制作におけるカット割り等を検討するための映像)やストーリーボードを生成するほか、Bロール映像(補足的に追加される本編以外の動画)を推薦したり、字幕を自動生成したりできる。

 AdobeはFireflyを発表した際、「FireflyはCreative Cloudや『Adobe Document Cloud』『Adobe Experience Cloud』『Adobe Expres』のワークフローに直接統合される」と説明していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]