「LinkedIn」、ユーザーの身元と勤務先を証明する機能を無料で提供へ

Dan Avery (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年04月13日 10時17分

 「LinkedIn」は、同サービスを利用する多数のユーザーが自分の身元を証明して、ハッカーやオンライン詐欺を回避できるようにすることを目的とした、複数の新機能を発表した

LinkedInのロゴを表示したスマホ
提供:Getty Images

 LinkedInは米国時間4月12日、仕事用メールアドレスに送信されるセキュリティコードによって、自分の勤務先を確認できるようにする機能を、世界中5000万人のLinkedInユーザーに提供を開始したことを明らかにした。

LinkedInのプロフィール画面
提供:LinkedIn

 また、同社は、空港セキュリティサービスで最もよく知られる生体認証企業のCLEARと提携した。4月から米国のユーザーは電話番号、政府発行の身分証明書があれば、CLEARによって本人確認を行ったことをプロフィール上に表示できる。

LinkedInのプロフィール画面
提供:LinkedIn

 もう1つの新機能として、LinkedIn会員は、「Microsoft Entra」の確認済みIDによって勤務先を証明できる。2023年4月末から多くの企業を対象とし、200万人を超えるLinkedInユーザーに対して提供される予定だ。

 これらの機能はすべて無料で提供される。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]