新型Suica改札、JR東日本が5月27日導入--Webチケットとの連携容易に

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は4月4日、「新しいSuica改札システム」を5月27日に導入すると発表した。まず北東北の青森、盛岡、秋田エリアの45駅に導入し、2023年夏〜2026年にかけて、首都圏、仙台、新潟エリアにも順次導入する。


 新しいSuica改札システムの特徴は、運賃計算処理をセンターサーバー上で実施する点だ。改札機内で運賃計算を処理する現行方式と比較して、サービス拡充時の改修コストを低減できるほか、改札の処理スピードも向上。さらに、Webで事前購入したチケットとの紐付けも可能になるという。

 なお、将来的には同改札機を活用した「新しいSuicaサービス」の実現を目指す。


 新しいSuicaサービスの詳細は今後公表するとしているが、プレスリリースでは「スマートフォンで事前購入したチケット情報をSuicaと紐付けて、時間帯や曜日などの割引クーポンを発行する」「鉄道沿線の商業施設での会計時に、Suicaでの鉄道利用で使える割引クーポンを付与する」といった具体例が示されている。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]