アップル、世界開発者会議「WWDC23」を日本時間6月6日に開幕--Apple Parkで対面イベントも

 アップルは3月30日、世界開発者会議(WWDC)を6月5日から9日(日本時間6月6日から10日)にオンライン形式で開催すると発表した。

年次イベント、世界開発者会議「WWDC23」
年次イベント、世界開発者会議「WWDC23」

 Apple Parkでスペシャルイベントを開催し、開発者や学生が対面で祝う機会を設けるという。この対面イベントへの参加リクエストの条件は、ウェブサイトおよびApple Developerアプリケーションから確認できる。なお、招待はランダムな選考プロセスによって行われ、4月5日午後6時(太平洋夏時間)までに通知するとしている。

 WWDC23では、ソフトウェア開発のスキルを習得中の学生デベロッパーを対象とした「Swift Student Challenge」も実施。現在、ウェブサイトで受付を開始しており、自分の作品を4月19日(日本時間4月20日)まで応募できる。

 なお、すべての開発者が無料で参加できるWWDC23では、最新のiOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSの進化について紹介。初日には基調講演が行われ、新製品発表の場として活用されることもあり動向が注目される。

 イベントでは、開発者がAppleのエンジニアに独自にアクセスできる機会や、開発者がビジョンを実現するのに役立つ新しいテクノロジーやツールに関する知見も提供するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]