「ChatGPT」に他人の会話履歴のタイトルが表示されるバグ--サービスは復旧済み

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年03月22日 09時46分

 OpenAIの「ChatGPT」で、一部のユーザーに他のユーザーがこのAIチャットボットと過去に交わした会話のタイトルが表示される不具合があったとBloombergが報じている。OpenAIは米国時間3月20日、ChatGPTを一時的に停止してこの問題を修正した。

ChatGPTのロゴを表示したスマホ
提供:Rafael Henrique/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

 ChatGPTでは、同サービスとのチャット履歴がウェブサイトの左側に表示され、ユーザーは過去の会話を続行できる。OpenAIはBloombergに対し、自分の履歴の代わりに他のユーザーがChatGPTと交わしたチャットのタイトルが表示されたユーザーがいたことを認めた。しかし、「他のユーザーの会話の本文は表示されなかった」という。

 OpenAIは、名前を明らかにしなかったが、あるオープンソースソフトウェアの誤りが原因だったと述べたと報じられている。米CNETは同社にコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。

 どれだけのユーザーが影響を受けたかは不明だが、このバグは、ChatGPTやその他の新しいAIツールの多くがまだベータ版やテスト段階にあり、それらを使用する際には注意が必要だということを喚起している。ChatGPTに関するFAQの中でOpenAIは、ユーザーの履歴から特定の入力内容を削除することは不可能で、「会話に個人情報を共有しないよう」呼びかけている。

 ChatGPTは20日夜にサービスを完全に再開したが、OpenAIはステータスページに、ユーザーの会話履歴の完全復旧に向けて、まだ作業中だとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]