世界AR/VRヘッドセット市場、2022年は20.9%減の880万台で急ブレーキ

 IDCは、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)ヘッドセット市場に関する調査結果を発表した。2022年における世界全体の出荷台数は880万台で、前年に比べ20.9%も少なくなったという。

 2021年の同市場は、2020年10月発売のVRヘッドセット「Meta Quest 2」(旧名称「Oculus Quest 2」)が人気を集めた。COVID-19パンデミックの影響により自宅で過ごす時間が増え、可処分所得もエンターテインメントへ向かったこともあり、市場は好調だった。

 2022年になると、世界経済が動き始めて、消費者や企業の支出がARやVRから離れてしまい、出荷が急速に減った。また、厳しいマクロ経済状況と、一般消費者による大きな需要がまだ存在しない影響もあるという。

 ベンダー別では、Metaがシェア8割近くを占めており、圧倒的なトップだ。2位はByteDanceの「Pico」で、シェアは10%。これにDPVR、HTC、iQIYIが続く。6位はNrealだが、ARヘッドセットに限ると2022年の出荷台数は10万台近くで1位だそうだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]