JR西日本の「モバイルICOCA」は3月22日提供--Androidスマホに対応

 JR西日本は2月22日、「モバイル ICOCA」を3月22日より提供すると発表した。

キャプション

 モバイル ICOCAは、ICカード乗車券「ICOCA」をAndroidスマートフォンで利用できるサービスだ。スマートフォンをタッチすることで、交通利用や買い物の支払いに利用できるほか、スマートフォンからの残高チャージや定期券の利用にも対応する。

 3月22日以降、「Google Playストア」から「モバイル ICOCA アプリ」をダウンロードし、設定を済ませることで利用できる。対応スマートフォンは購入時に「Android 10.0」以上がインストールされており、かつ最新版の「おサイフケータイ アプリ」がインストールされている端末となる。詳細な対応端末は後日公式サイトで案内するという。

 スマートフォンからの残高チャージには、「J-WESTカード」のほか「JCB」「VISA」「MasterCard」「AMERICAN EXPRESS」のブランド表示があるカードを利用できる。

 「J-WEST ゴールドカード」を登録してチャージまたは定期券を購入した場合、当面の間「WESTER ポイント」を最大3%分還元する。

 定期券の利用にも対応するが、小中高校生向けの通学定期券や2区間定期券、2区間分割購入の定期券、敦賀駅以北の区間を含む定期券は利用できない。

 サービス開始にあわせてJR西日本は「モバイル ICOCA 誕生キャンペーン」を実施する。使用開始日が2023年4月1日以降の定期券をモバイル ICOCAで購入すると、購入額の2%分を WESTER ポイントで還元する。

 加えて、3月22日〜4月30日の期間中、モバイルICOCAで交通利用以外の買い物を5回以上利用した場合に、WESTER ポイントを500ポイント付与する。

 また、今回発表されたのはAndoridスマートフォンでのサービス開始のみ。なお、「PASMO」やJR東日本の「Suica」はiPhone対応を実現している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]