「Meta Quest」に「ダイレクトタッチ」が追加--タップやスワイプ操作が可能に

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2023年02月22日 12時14分

 Meta Platformsの仮想現実(VR)ヘッドセット「Meta Quest 2」「Meta Quest Pro」はすでにハンドトラッキングに対応しており、多くのアプリとヘッドセット本体のOSをコントローラーなしで操作できる。とはいえ、コントローラーに取って代わるほどの十分な操作性を実現しているわけではない。Meta Questの最新のソフトウェアアップデート「v50」は、そうした現状を変えようと試みているようで、VRにおけるインタラクションのぎこちなさが多少改善されたように感じるかもしれない。

Meta Quest 2を体験する記者
提供:Meta

 米国時間2月21日に発表され、順次提供されているv50は、手のインタラクションの方法が少し変わる実験的なモード「ダイレクトタッチ」を追加する。これまでは、物体を指差し、指でつまむことで、指差した場所を選択していた。ダイレクトタッチでは、手を伸ばし、仮想空間の中の指でボタンをタップするだけでいい。スマートフォンやタブレットのようにスワイプ操作も可能だ。

物体にタッチするアバター
提供:Meta

 ダイレクトタッチは仮想キーボードにも対応しており、VR空間内に表示されるQuestキーボードでの入力も、ぎこちなさが若干解消されたと感じるかもしれない。

 Metaの最高技術責任者(CTO)Andrew Bosworth氏は、いずれコントローラーのないQuestヘッドセットを発売する可能性はあるが、現在のところ、それを実現するにはハンドトラッキングの性能が不十分だと考えている。同氏は2022年12月、米CNETの取材に対し次のように述べていた。「将来、コントローラーが不要な用途に使うユーザー向けに、コントローラーのないヘッドセットを発売することは十分可能だと思う。しかし、まだそこには至っていない」

VR空間に表示されている画面
提供:Meta

 また今回のアップデートでは、これまで「Meta Quest Pro」でのみ利用できたゲーム内マルチタスクがMeta Quest 2でも可能になる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]