WiTricity、ワイヤレス充電技術を中国YuTong Busの自動運転EVバスへ提供

 米国のWiTricityは、中国YuTong Busの自動運転EVバス向けにワイヤレス充電技術「WiTricity Halo」を提供すると発表した。

ケーブル接続せずEVを充電(出典:WiTricity)
ケーブル接続せずEVを充電(出典:WiTricity)

 EV用のワイヤレス充電技術は、スマートフォンなどで採用される非接触充電技術のQiと同様、EVを充電機構と接触させずに充電する技術。地面に敷設するなどした充電パッドからEV側の受電パッドに非接触で電力を供給できるため、充電ケーブルを接続する作業が必要なく、自宅のガレージなどに設置しておけば、駐車するだけで充電を始められる。自動運転車の充電も、無人で実行可能となる。

 WiTricityは、これまで乗用車向けに同技術を提供してきたが、商用バスへの提供は今回が初めて。

 YuTongは、中国河南省の鄭州で運行するEVバスにWiTricity Haloを導入する。レベル4自動運転技術「Xiaoyu 2.0」対応のミニバスで、10人を乗せ、1回の充電で150km走行可能という。

所定の位置に止めるだけで充電できる(出典:WiTricity)
所定の位置に止めるだけで充電できる(出典:WiTricity)

YuTong Bus向けワイヤレス充電の紹介ビデオ(出典:WiTricity/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]