アップルの元デザイン責任者J・アイブ氏、英国王戴冠式のエンブレムをデザイン

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年02月13日 10時30分

 私たちはそれを、「iCrown」と呼ぶことになるのだろうか。Appleの元最高デザイン責任者で故Steve Jobs氏の親友だったJony Ive氏は今回、チャールズ3世戴冠式の公式エンブレムをデザインした。

ティーポット
提供:The Coronation of King Charles the III

 英国王室のウェブサイトで現地時間2月10日、Ive氏と同氏のデザイン会社「LoveFrom」によってデザインされたエンブレムが公開された。青色の王冠の周りに、英国を構成する4地域を象徴する赤色の植物があしらわれたデザインとなっている。

 「このデザインは、チャールズ国王の地球や自然に対する愛情と、自然界への深い関心からインスピレーションを得たものである」というIve氏の言葉が、同サイトに引用されている。「このエンブレムは、春の幸福な楽観主義を物語っており(中略)、自然な形状の穏やかで慎ましい組み合わせが、戴冠式の喜びと深い重要性の両方を表現している」(Ive氏)

 Ive氏は約25年間にわたって、Appleのデザイン業務を統括し、「iMac」「iPod」「iPhone」「iPad」「Apple Watch」など、同社を象徴する製品のデザインを担当した。同氏はApple直営店や、シリコンバレー近郊にあるドーナツ型の本社Apple Parkの独特なデザインにも関与した。

 エンブレムは5月の各種イベントに使われる予定だと、同サイトには記されている。戴冠式のイベントとして、5月7日には、ウィンザー城で祝賀コンサートが開催され、英国全土で「Coronation Big Lunch」と題したパーティーが開かれる。5月8日には、「The Big Help Out」と題したコミュニティーボランティア活動が実施される。実際の戴冠式は、5月6日にウェストミンスター寺院で行われる。チャールズ国王は2022年9月に、母親であるエリザベス女王2世の逝去を受けて直ちに王位を継承したが、ウェストミンスター寺院での戴冠式は5月に行われる予定だ。

 Ive氏とLoveFromはこれまでに、地球に優しい持続可能な市場の創造に取り組む企業に交付される、チャールズ国王の「Terra Carta認定証のデザインを手掛けている。この認定証にも、植物が何種類かの動物とともにあしらわれていた

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]