カスタマーサポートを支援するカラクリ、10億円を調達

 カラクリは2月8日、シリーズBラウンドにおいて、総額10億円の資金調達を実施したと発表した。

 調達した資金は、既存投資家のALL STAR SAAS FUND、ジャフコグループに加え、SBIインベストメントを引受先とする第三者割当増資と、商工組合中央金庫からの融資で構成する。今回の資金調達により、累計調達総額は約18.1億円となる。


 カラクリは、2018年に正答率95%保証の高精度なAIチャットボット「KARAKURI chatbot」をローンチ。その後、チャットボットとデータを一元管理できるFAQシステム/有人チャットなどのCXツール「KARAKURI Digital CS Series」を提供し、メルカリやSBI証券、高島屋、セブン‐イレブン・ジャパン、GMOペイメントゲートウェイなどが採用しているという。


 今回調達した資金は、カスタマーサポート/コンタクトセンターのAIドリブンなDX改革を実現するプロダクト開発、拡充に利用する予定。

 また、「CXソリューション事業」と「EXソリューション事業」の2本の事業を柱に、これらデータの有効活用を可能にするプロダクト群の開発と、ジェネレーティブAI(生成AI)モデルのカスタマーサポート領域への適用を目指した研究開発を推進していく。

 CXソリューション事業では、デジタルチャネルを介して収集した行動データ、会話ログから、消費者の行動を先回りしてサポートする「購買体験の先回りサポート」の実現や、膨大なVoCから真のニーズの抽出などを目指す。

 EXソリューション事業においては、単純作業の置き換えだけでなく、オペレーターの行動を自動でAIが学習して業務効率化を実現する支援ツールなどの提供を通じ、次世代コンタクトセンターの実現を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]