ZIPAIR、機内インターネット通信高速化に向けた「Starlink」導入の技術検証を開始

 ZIPAIR Tokyoは1月31日、機内インターネット通信高速化に向けて、Space Exploration Technologies(スペースX)と共同で、スペースXが提供している衛星通信サービス「Starlink」の導入に向けた技術検証を進めると発表。同社では、この取り組みはアジアで初めてとうたっている。

 ZIPAIRにおいては、機内向けのインターネットサービスを無料提供しており、同社では「今後さらに地上でできることを機内でも当たり前にできるようにしていくというコンセプトのもと、地上同様の通信速度を機内でも実現したいと考えている」という。地表からの距離が近いことから低遅延・高速化が可能としており、全世界を幅広くカバーしているStarlinkと技術検証を進めていくことで、コンセプトの具現化を目指すという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]